おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE MANHATTANS「AFTER MIDNIGHT」

再聴ですね、ずいぶん久し振りですが…まったく間隔を感じないのは、それだけ自分の身体に馴染んでいるって事なのでしょうな。
ある意味これほどベタなスタイルの音楽を自分が愛好している事に、ちょっと不思議な感慨を覚えます。
マンハッタンズは黒人男性のコーラス・グループで、おそらくは50年代辺りのアメリカで流行したドゥーワップから発展したスタイルではないかと思うのです…だけどアイズレー・ブラザーズがバンド形態となってソウル〜ブラック・コンテンポラリーへと脱皮を遂げていったのに対し、彼らはコーラス・スタイルを維持し続けたという訳です。

まぁ現在も活動しているのかは不明ですけれど、非常に保守的な音楽だなと僕は思うんですね…別に幼少時から染み込んでいるとかではないのに、何故かこの甘々感に心が安らぐのです。
ほぼ全曲がスロー・テンポなラブ・バラードというね、普通だったらバッサリ斬って捨てそうなジャンルなのになぁ…近いところではバート・バカラック=ハル・デヴィッド時代のディオンヌ・ワーウィックかな、ロマンチックなバラード系だけど好きな感じではね。
解説書によると彼らは初期から自分達でも曲を手掛け、本作の10曲中3曲にメンバーの名前が共作者としてクレジットされてます。

本作のリリースは'80年、という事は僕が彼らを知る「BLACK TIE(邦題ミッドナイト・ドリーム)」の前年か…因みに本作の邦題は「マンハッタン・ミッドナイト」、確かに真っ昼間に聴く音楽じゃないかもね?笑
グループ名はカクテルに由来するそうですが、活動を始めたのもマンハッタンのクラブだったそうです。
ともあれ「BLACK〜」が高値で手が出せない今は、本作を手放さずに時折こうして聴き返すとしましょう。
きっと彼らのファンって僕より10歳は上なんだろうなー、僕って多分マセたガキだったんだろうね。笑
0
    | music | 2016.04.14 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top