おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
進藤幸彦「世界の不思議なお守り」

初版'99年の平凡社コロナ・ブックス、著者は民俗学を修めて高校教師となり現在はエスニック雑貨屋「チャイハネ」オーナーというユニークな経歴の持ち主です…売れ筋アイテムを世界各地でディープに掘り下げ、著者自身の趣味と実益を兼ねてまとめた一冊です。
お守りとは邪を祓い幸を呼び込む物、と捉えれば香も儀式も巨大な焼き物も有り得る訳で…つまり「ペンダント的な小物」ばかりじゃないよっていうね、それには固有の文化や信仰を伴っている事が感じられます。
まぁ基本的には呪い物なので(カウンセリング→処方)といったオーダーメイド一点物なんですよ、普通は。

しかし既製の量産品を買う事に慣れてしまっている自分に、先ず気付かされました…商業というか流通が盛んな場所ほど、そうなってしまっているのですなぁ。
とはいえ既製品じゃ効力がない訳でもなく、ちゃんと体験談の聞き取りもしているのは民俗学の賜物でしょうか…それらは「単なるこじつけじゃん?」と軽く一笑に伏せるレベルなれど、結局はそういった精神が効力をもたらしているのですから侮れないと思います。
ただ意外だったのは、アフリカのビーズやバリ島の中国コインや中南米の様々な人形など異文化の接触がもたらした歴史的な由来が明確なお守りの多さですね。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】中牧弘允「世界の三猿―見ざる、聞かざる、言わざる―」| 2007.08.04
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだ本】荒俣宏「アラマタ珍奇館 ヴンダーカマーの快楽」| 2008.02.17
【最近読んだ本】オーギュスト・ラシネ「民族衣装」| 2008.12.15
【最近読んだ本】小川弘「アフリカのかたち」| 2009.12.03
【最近読んだ本】アフリカ理解プロジェクト 編「アフリカンアート&クラフト」| 2009.12.03
【最近の初体験】お祓い| 2011.06.24
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】奈良行博「中国の吉祥文化と道教」| 2011.08.15
【最近読んだ本】小泉和子「昭和 台所なつかし図鑑」| 2013.10.09
【最近読んだ本】外山晴彦「歴史がわかる、腑に落ちる 野仏の見方」| 2013.12.26
【最近読んだ本】シャルル・フレジェ「WILDER MANN 欧州の旅人」| 2015.10.24


以下、個人的な雑記。
南米ではエケコやマシモンなど、カーゴ・カルトとも関連する白人の神が多いな…パチャママ鉱山のティオは「おじさん」を意味しますが元は「ディオス(神)」に由来し、白人が坑内の奴隷を監視する代わりに置いた「罰を下す神」だとか。

グァテマラで売られているトラブルドール(ウォーリードール)は枕の下に置くというけど、枕が普及して30年程度だそうで…ドールを買うのは都市部の白人と外国人、インディオの人々がインカ人ではなくマヤ人と認識されているのも何気に興味深いですね。


ナバホ族のクランには鳥や動物だけでなく霧やタバコなど植物や気象のクランもあるそうです、まさに八百万の思想ですなぁ。


インドのマーディヤプラデシ州スルクジャ地方の家々に牛糞で描かれる鮮やかな壁画は、基本的には“来客に家の大切な内部から目をそらさせる効果”を狙った邪視避けです…グジャラト州のミラーワークも18世紀半ばからで、オランダから持ち帰った鏡が王族に大流行したのが始まりとか。

インドの奉納用テラコッタ牛馬って、個人ではなく檀家単位で注文するにせよ日本の絵馬と同義なのね?


中東地域の邪視という概念は(高評価=邪欲)から生じてるのね、迂闊に誉められてはイケナイし誉めるのはもっと善くない…要は「イイネ!」って思うだけでも相手から奪おうとする力が働くのか、ビックリするほど猛烈な所有欲だわ。笑

トルコの青い目玉ナザル・ボンジュウも邪視避けですが、五十嵐大介の「魔女」で描かれた鳥の目を連想させます。

エジプトでは古代文明のモチーフが用いられたお守りや装飾品は外国人向けで、現地の人は信じていないのだとか…というよりも現代のイスラム系住民は古代エジプト人の子孫ではないのでは?

アマゾナイトのネックレスは、アフリカの砂漠の民トゥアレグ族の婦人にとって子供の誕生を祈って身に付けるアクセサリーだそう。

コートジボワールのバウレ族には子供に未来の配偶者で一生のお守りとして男児には女の人形(プロロ・ブラ)、女児には男の人形(プロロ・ビアン)を与える風習があるとか…婚約から結婚式までの間は互いの人形を交換して過ごすそうで、女性がセックスを夢見ないためという効能は周辺部族のお守りにもあります。
“プロロ・ビアンのような仮の相手がいないと、娘は夜見る夢の中で不特定の男性と性交渉をしてしまう。人形をもっていればそのようなことが避けられ、セックスに過大な期待をもたないですむようになります”

マリ共和国のドゴン族はかつてマリの首都バマコ近郊に栄えたマレンゲ王国の一部族でしたが、13世紀頃イスラム教の浸透を逃れて700km離れた現在の居住地に住んでいた先住民を駆逐して定住したのだそう。
以前は断崖の上に住んでいたのに、90年代初めには平地へと降りて暮らすようになったとか…ただし130歳を越えた聖老人と呼ばれる人物は、旧村落より上にある洞窟に住み続けていて“毎朝崖の上に立って村人を祝福し、村の問題の相談にのります”との事。

セヌフォ族は多産の象徴としてサイチョウの像を崇拝するといいます。
“葉書や電話などの近代的通信手段は一切使わなくても、祭りの3日前からカラオに対する儀式を行い、にわとりや羊や山羊、マンゴーなどを供えて祈れば世界じゅうのセヌフォが、今年の祭りの始まる日をたちどころに理解して、駆け付けて来るんだ”

だけど、アフリカン・ビーズの話は複雑な心境になりました…当時のベネチアン・ビーズが二束三文とは思いませんが、それで白人は奴隷を買っていたのかと。
そして、売った側の家系にビーズは今も代々受け継がれていて…携帯電話のネットバンキングが普及する一方で、未だに部族間でも高値で取引されているとは。

また多産信仰のアフリカでは、先進国の産児制限や人口抑制策を“われわれ後進国の人口が自分たちより増えて勢力が大きくなるのを心配して、あれこれ言っているだけ”と考える人もいるのですね…あながち間違いだとも思わないのですが、自然保護や食料援助などの問題と同様に現地との温度差というか根本的な意識の違いを改めて感じます。

アフリカの諸部族では、お守りは魔術と同じで「秘密でなくなると効力を失う」とか「不幸に見舞われる」と信じられているのね?


インドネシアのバリ島では7世紀頃から唐代の貨幣が流通しており、19世紀にはヨーロッパ人が清朝の貨幣を倍の値段でマーケットで売りさばいたためチャイニーズ・コインは何十年前までバリ全島で使えていたそうです…“そしていつのころからか、この中国コインとその模造品は富と福を象徴するものとして、神々へのお供えものに欠かせないものとなりました”
“今では偽物のコインを束ねたものが儀礼用としてマーケットで売られていて、相変わらず需要はあるそうです”

“バリ・アガの村とは、ヒンズー教が入る前からのバリの伝統を残している古い村のことだそうです”


韓国では巫女や巫男をムーダンと呼び、ソウルのミーアーリという町には易者の集まっている区画があるそう…符籍(プージョク)という封じものは陰陽道の護符そっくりですが、浮気封じの符籍は相手の枕に内緒で縫い込んでおくのだとか。

またヤタガラスを連想させる「三災の鳥」という版画は脚ではなく頭が縦に三つ連なっていて、水災・火災・風災または兵災・疾病・飢餓の難を避ける上に厄除けのお守りでもあるそう。

易者とは別に、本来のムーダンは古い信仰に基づくイタコのような神憑りで相談者の質問に答えるのたとか…家の庭先にはソンアンという古い神木が植えられ、東西南北と中央を表す五色の帯布を垂らして根元には水2杯とローソクと濁酒が供えられているそう。
“横幅30cmぐらいの白い帯を儀式の席から庭先に向かって長々と放り投げ、その上に親類たちに1000ウォン紙幣を並べさせます。この上に死者を渡らせるというわけです。ムーダンは、帯に沿って縦に並べようとする親類から紙幣を奪い取って、横にびっしり詰めて並べさせようとします。両者のあいだで笑いながらの応酬が続きます。神がかりと商売、聖と俗との大っぴらな往来を見た気がしました”

また唐辛子は健康と男児出産祈願のお守りだそう。


中国といえば翡翠で、その内には“なにかの「生き物」が棲んでいる”と信じる人は年齢を問わず多いようです…体内と外の気を循環させ、漢方医も内臓や血液に良好と考えているそう。
英名(jade)も、中南米のインディオが翡翠を体に当てて治療する様子からスペイン人が腎臓(hijade)と呼んだ事に由来するのだとか。

18世紀後半にミャンマーで良質な硬玉が採掘されるようになって広く浸透した、この「翡翠のルート」は日中戦争の「援将ルート」と重なるのだそう…それは'38年にイギリスが蒋介石を支援するため開かれた軍用道路で、翡翠城の異名を持つテンチョンは旧日本軍との激戦地となった不幸な歴史があるそうです。


ベトナムのホーチミンではミスター大地という意味で越南財神とも呼ばれる商売繁盛の神様オンディアが人気で、虎に寄りかかって太鼓腹を見せる姿はインドのガネーシャや日本の大黒天を思わせます…煙草好きで奉る家の“主婦の裸の胸に押しつけられるのを喜ぶ”という気質には、南米のエケコやプンプーシュにも似ている気がしました。
0
    | books | 2016.05.24 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top