おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「TROUBLE IN MIND」

本作も先日の「エンドレス・ラブ」と同様、一般的には駄作かもしれないけど個人的には名作という1本…それが本作、「トラブル・イン・マインド」。
まだギリギリ十代だった頃、同じアラン・ルドルフが監督する「チューズ・ミー」でジュヌヴィエーヴ・ビジョルドに魅了された僕は'85年の本作をレンタルビデオを借りて後追いで観たのだ…しかし観直したくても今時じゃレンタル店にある筈もなく、Amazonで検索してDVDを買った次第。
特典映像は予告編すらなく日本語字幕しかないが、'12年になってDVD化されただけ有難いのだろう。
主演は「コンボイ」のクリス・クリストファーソン、これも個人的には大きい。

初めて観た時は前作と毛色がかなり違う気がした、というか一気に老けた感のあるジュヌヴィエーヴがショックだったのかもしれない…本作ではクリス演じる元刑事ホークの元恋人でカフェを営むワンダを演じていて、その蓮っ葉な煙草の吸い方は今も無意識に真似てしまっている時がある。
流石に「オーケー」を「オカーイ」と発音する口癖までは、もう真似しないが。
「ジュヌヴィエーヴは年を食ってもビジョルドだ」なんて事も、そういえば言っていた気がする…勿論それは一時的な冗談ではあれど、僕が「オバサンになっても可愛い女性」という発見をしたのも本作だった。

おそらく主なロケ撮影はシアトルで行ったのだろう、街のタワーとモノレールは「レインシティ」という幻想の世界を演出する上で印象的な役割を担っている。
ストーリーを一言で言うなら「大人の寓話」だろうか、本作の魅力を誰かに説明する時は「撮影監督の栗田豊通による映像美」と尤もらしく言っていたけれど実のところ受け売りに過ぎない…確かに改めて観て撮監の存在感は分かった気もする、だが本作をファンタジーと受け止めた自分の感覚が間違っていた訳ではなかったとも改めて感じた。
パケ裏の“官能的フィルムノワール”という解釈も、間違いだとは言わないが。

かつての僕はビデオをダビング出来ないからと、いじましくも音声だけをカセットテープに録音していたのだった…といっても本作とプリンス「アンダー・ザ・チェリー・ムーン」と何故かは忘れたけど「グレート・ウォール」という、その3本だけを録っていた。
なので映像より先に台詞や物音が浮かんでくる、この感じは不思議だ…画面以上に音が懐かしい、映像や字幕を見て(あぁそうだった)と妙に得心がいく奇妙さ!
こうなると作品とは別に、往時の僕によって本作が個人的な名作になっている可能性も否定は出来ない…物事の評価に、客観性など本質的に有り得ないにせよ。

少なくとも男性の観客は、各々が囚われている世界からジョニー・ホーキンスと共にレインシティへとやって来る…そこは8年近い歳月を経たとはいえ馴染み深い街だ、見ず知らずの場所ではないしワンダもいる。
彼女は店の二階に住まわせてはくれるが、昔の関係は望まない…もう傷付くのが怖い年齢になってしまったのだ、穏やかな日常を二度と乱されたくはないのだ。
“人間は悪に染まりやすい”とはホークの台詞だが、失業中のクープは都会の悪へと深く染まっていく…彼の妻に惚れたホークはヒリー・ブルーの組織からクープを救い、ジョージアと街を去って終わる。

ただ、以前は分からなかった幾つかの場面が分かるようになった…ホークは明らかに紳士的ではないし確かに社会不適合者だ、純真な田舎娘のジョージアとの恋愛が成就するラストの虚しさはそこにある気がする。
ジョージアはワンダとの情事を窓越しに眺め、ワンダはジョージアが口説かれる様子をドア越しに見ていた…ホークを軸にした女同士の不思議な親密さ、少女のように幼いジョージアが純粋というより愚かしく見えてしまうのは年のせい?笑
あの時代の寵児ディヴァインや、存在感の光るキース・キャラダインなど個性的な役者と役柄の組み合わせは一段と魅力的に感じた。

まだ語り足りない気がするのだけれど、それはまた再視聴した時にでも…きっと近いうちに観直すだろうから、その時に改めて。


再視聴【2017.08.24】


関連記事:
【最近みたDVD】「ブレードランナー」| 2013.02.06
【本日の脳内BGM】MARK ISHAM & MARIANNE FAITHFULL「The hawk」| 2015.02.17
【最近買ったもの】DVD2本とCD1枚| 2015.12.14
【本日の脳内BGM】MARIANNE FAITHFULL「Trouble in mind」| 2016.02.17


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Trouble In Mind - DVD Trailer』
0
    | cinema | 2016.05.28 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top