おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
岩本ナオ「雨無村役場産業課兼観光課」1巻

先日の「Yesterday, Yes a day」って、ジェーン・バーキンの歌のタイトルに由来してるそうですがそれはさておき…あの漫画を読んでから本作も気になっていたんです、同じ雨無村を舞台としてるというので。
作者が描く田舎の日常は説得力があるだけじゃい気がしますね、もっと雨無村の話が読みたいなーって思わせられるのは作者の地元愛ゆえなのかもしれません。
「Yesterday〜」も割と地味な感じでしたが、なんか独特な味があるんですよね…恋愛も起伏が少ないし、考えてみれば少女漫画なのに本作の主人公は男だし!
読んでて違和感ないけど、もしや作者って男性か?笑

しかし雨無村で繋がっているとはいえど「Yesterday〜」のキャラを使い回すとか、サーガ的に展開する気はないようなのも好感が持てますな…まぁ小麦ちゃんの兄貴たちを見付けた時はニンマリしちゃいましたけどね、あの連中って超脇役なんですが個人的には妙にツボなキャラだったので。
さて本作の主人公は東京の大学を出て山岡県にUターン就職を決めた銀一郎、駅まで迎えに来てくれた毒舌チャリポツ女子のメグと激モテのほほん男子の澄雄、村で高校生より上の若者はこの3人だけなのです。笑
メグに惚れた銀一郎、澄雄に恋するメグ…そして澄雄は、まさか銀一郎の事が?

村役場の新人として、オバチャン&オッサン達に仕事を学ぶ銀一郎…駆除したヌートリアのカウントやらイノシシに荒らされた畑の減反補助金申請やら、そして夏祭りではメグが調理で澄雄が呼び込みの露店を出したり。
メグは給食センター勤務で根っからの料理人、澄雄はコンビニを発注ミスでコーラとポカリの店にするアホですが村の女性みんな彼に夢中なのです…東京までは往復8時間、有無を言わさず個人情報が共有される村の息苦しさから解放された澄雄は意外な行動に出るのでありました。
こう書いてみると結構ありがちな青春群像劇ですな、読んでると可笑しいのに。

メグが21歳ってコトは、澄雄と銀一郎もタメ年なのかな…メグの弟なのにオッサンな龍也や、メグの友人で血色いい巨乳マユ子とか脇キャラも絶妙ですなっ?笑
ちょっと世話を焼かれただけでメグに惚れちゃう銀一郎とか、マユ子と銀一郎の顔合わせを見に来ちゃう澄雄&そんな彼にブチ切れちゃうメグといった各々の心情描写が上手くて分かりやす過ぎ!
あっという間に過ぎゆく季節、東京で行方をくらました澄雄のキラキラオーラは今後どうなってゆくやら…そして村の希望だったミャスコ誘致失敗で盛り下がったムードもどうなるやら、さあ2年目はどうする?

2巻

→→3巻


〈岩本ナオ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】「Yesterday, Yes a day」| 2016.03.30
【最近読んだマンガ】「雨無村役場産業課兼観光課」2巻| 2016.06.18
【最近読んだマンガ】「雨無村役場産業課兼観光課」3巻| 2016.06.23
【最近読んだマンガ】「マロニエ王国の七人の騎士」1巻| 2018.06.21
【最近読んだマンガ】「金の国 水の国」| 2020.01.04
【最近読んだマンガ】「スケルトン・イン・ザ・クローゼット」| 2020.02.15

関係あるかもしれない記事
【最近読んだマンガ】矢野直美「汽車通学」| 2016.01.12
【最近行ったところ】徳島| 2016.06.10
0
    | comic | 2016.06.07 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top