おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
岩本ナオ「雨無村役場産業課兼観光課」2巻

地元の役場にUターン就職した銀一郎、彼が好きなメグは澄雄に片想いでっていうトライアングル…そして澄雄は消息不明から役者デビュー、ミャスコ誘致に失敗した村の空気はダダ冷えという1巻からの続きです。
夏祭り企画の成功に気をよくした銀一郎、村おこしにとブチ上げたのは桜祭り…また平凡な発想だよなー、でも最初の時期に3人で見た山奥の大桜は確かにインパクトあるし象徴的だわ。
さて社会人2年目を迎えた銀一郎、例年の仕事に加えて桜祭り企画も始動…そこへ現れた道路先生、また微妙な脇キャラですなぁ!笑

片や澄雄と会って潔く玉砕してきたメグですが、舞台の観覧ご招待で奮起します…“あんななんもできねーやつなのに「今自分にできることがんばるんだ」って”と、何気ない台詞ですけど3人の変わりゆく心境を言い表してる気がします。
澄雄だって銀一郎の姿に影響された訳ですし、銀一郎もメグに影響を受けてますよね…逆に言えば、それが誰かに恋する理由と言えなくもないのですけれども。
精神的な成長に恋愛が貢献するケースって、若い時ほど比重が高いのかもね?笑
そして澄雄の成長ぶりに刺激される銀一郎であり、銀一郎の懲りないアプローチに揺れるメグなのでした。

とはいっても前途多難な桜祭りですよ、村のおっちゃんや婦人会に目的意識が生まれたのは好かったけれど…頃合いが隣村のフラワーフェスティバルと丸被りだわ、ワンジャーランドのリニューアルに話題を持ってかれるわで客足が心配。
そこに澄雄が雨無村の桜祭りをTVで発言、一転して電話対応に追われる役場職員たち…地域新聞に「地域ほがらか」とあった見出しを、僕は何故か「地獄ほがらか」と読み間違えて死ぬほど笑いましたが。
いきなり時の人になっちゃった澄雄は相変わらず、叶わぬ恋でも銀一郎に認められたい一心というね。
そんな澄雄も帰郷して、次巻は桜祭り突入?

巻末併録の「しだいに明るむ君の暁」前後編は、デビュー作ではないようですが絵柄的に「Yesterday, Yes a day」以前な学園物。
ノンちゃんて松谷みよ子でしたっけ?読んでないので本当にあるエピソードかは不明ですけど、それを一種の明晰夢に取り入れるという発想がユニークな短編。
主人公はチサ子ですが後編の扉絵は唄子で、仲良しの2人が恋した土屋君との顛末を描かずに終わる辺りが却ってリアルかも…それは「Yesterday〜」とも共通していますし田辺君とか脇キャラの微妙さも冴えてますけど、短編たからか画力の高さが目立ちますね。
伏線も説得力ありますし。

純情硬派な土屋君のリアクションで再び(作者は男?)疑惑が僕的に浮上、あと夢の扱い方が上手いね…ユキの度突きグセを予め見せる演出もだけど、二人の距離感を察する唄子と何かと洞察力に長けた氏家君の展開を予感させるオチも達者だわ。
チサ子の明晰夢に、土屋君や唄子もシンクロしてしまう…しかも彼らが見てるのも明晰夢という、あまりに出来すぎたアイデアなんですが違和感がないのです。
それは明朗活発なチサ子と引っ込み思案な唄子という対照的な2人どちらにも読者が感情移入しやすく描き、かつ両者にカタルシスを用意するギミックとして機能しているからかもなぁ?なんつって。


前巻

次巻
0
    | comic | 2016.06.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top