おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
今井美樹「mocha under a full moon」

彼女にしてはハイテンポな、グルーヴ感あふれるナンバーから始まる全体的に夏っぽい9曲…カバー・アルバムの「fiesta」を除けば、個人的には一番好きな今井美樹の作品です。
といっても、布袋寅泰が楽曲提供を始めた「flow into space」までしか知らないんですけど。笑
今でも1曲目の「Tokyo 8月 サングラス」から「横顔から I love you」へと、メドレーのように息つく間もなく入っていく繋ぎはグッときます…でも1曲目は佐藤準で2曲目は武部聡志が作編曲をそれぞれ手掛けていたのね、バッキング・ミュージシャンも違っていたと知って驚きました。

そのまま間を置かず「Boogie woogie lonesome high-heel」でチルアウト、続く「Anytime manytimes」A.O.R.テイストの曲調が心地好いしバラード調の「飽きたら言って」もラテン・フィーリングの効かせ方が絶妙で…改めて聴いても「明るくなるまで」「ありふれた love scene」は既定路線といいますか、過去のアルバムと通しナンバーを入れたような印象です。
そして8曲目の「泳ぐ」、空いてるプールで天窓の光を浴びながら潜水でドルフィンとバサロを繰り返していた時の自由自在で充ち足りた気分が聴く度によみがえります…これも編曲は武部聡志なんですね、名曲!

そしてラスト・ソングは切なくも甘い「地上に降りるまでの夜」、イントロの包み込むような湿度感から掴まれますね…作曲は柿原朱美、編曲の佐藤準と作詞の岩里祐穂は鉄板ですなぁ。
今井美樹の、この頃の音楽性は「佐藤の作編曲+岩里祐穂と戸沢暢美による作詞」で出来上がっていたイメージがあります…そういう事を当時は割と気にしない方だったのですけど今井美樹は例外でしたね、いわゆる「女優が歌ってるアルバム」にしては楽曲がA.O.R.っぽくてクオリティが高いのでアーティストの作品として聴いていたのです。
彼女の声もですが、スタッフが優秀だったよなぁと。


関連記事:
【最近聴いたCD】今井美樹「Ivory」| 2016.01.04
【最近聴いたCD】今井美樹「Bewith」| 2016.05.27
【最近聴いたCD】今井美樹「ルトゥール」| 2016.06.01
【最近聴いたCD】今井美樹「Lluvia」| 2016.06.08
【最近聴いたCD】今井美樹「fiesta」| 2017.09.20
0
    | music | 2016.05.21 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top