ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
今井美樹「Bewith」

本作は、デビュー・アルバムからのリリース順では通算3作目になりますね…個人的には本作で初期の音楽性が完成されて、この後にカバー・アルバムの「Fiesta」を挟んで先日の「mocha under a full moon」へと発展していったような印象があります。
正直なところ1作目の「femme」は(新進女優の歌物)といった感じで今ひとつあざとく、2作目の「elfin」はタイアップ狙いかといったキャッチーさがアルバムとしてのトータリティを損なっていた気がします。
そういった意味では、本作からアルバムとして聴ける楽曲構成になったような。

本作でも11曲中10曲を佐藤準がアレンジしており、ラストの「静かにきたソリチュード」は井上鑑のアレンジです…作詞も大半が岩里祐穂と戸沢暢美ですが、今井美樹も「とっておきの朝を」を作詞してます。
所々に時代を感じさせる音作りが見え隠れするものの、全体的にアコースティック色が強いせいか楽曲自体は古びたように思えませんね…まぁ多少は贔屓目が入っているにせよ、今剛のギターが時折A.O.R.っぽいフレーズを織り込んでくる辺りに僕は「オトナ歌謡曲」といった風情を感じます。
武部聡志による「冷蔵庫のあかりで」とか、柿原朱美の「夏をかさねて」とか。

中盤、4曲目の「カリビアン・ブルーの夜明け」から「今日 私はひとり」でテンポアップして「キスより 吐息より」で一息入れる流れは本作のキモですな…「今日〜」は後半の「9月半島」と対照的な歌詞が対になっているようなのも興味深く、全体に漂うリゾート感は楽曲毎の歌詞から醸し出されているのかもね?
そんな中で「黄色いTV」の、ちょっと意味が分からない雰囲気は精神が崩壊した狂気を勝手に想像してしまうのですよ…ミステリアスさでは「初恋のように」も、久々に聴いて曲と歌詞のアンニュイかつ幻想的な魅力を再発見しました。


関連記事:
【最近聴いたCD】今井美樹「Ivory」| 2016.01.04
【最近聴いたCD】今井美樹「mocha under a full moon」| 2016.05.21
【最近聴いたCD】今井美樹「ルトゥール」| 2016.06.01
【最近聴いたCD】今井美樹「Lluvia」| 2016.06.08
【最近聴いたCD】今井美樹「fiesta」| 2017.09.20
0
    | music | 2016.05.27 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top