ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
池井戸潤「下町ロケット」

作者の名前で、お笑いコンビのスピードワゴンが頭に浮かぶのは僕だけでしょうか…まぁ芸人さんが作家活動をするのも珍しくはない昨今ですけれど、この人は芸人さんとは別人だよね?
それはともかく、本書は去年の誕生日に甥っ子がプレゼントしてくれた文庫本です…貰って間もなくドラマ化のニュースを見て(まさか)とは思いましたが、こないだ墓参りに付いて来た彼に訊いてみたら案の定そんなの知らなかったそう。
そもそも本を読まない甥っ子にしてみれば、僕が本好きで「下町」「ロケット」という題名も好きそうだと考えたようで…分かりやす過ぎるよ、嬉しいけど。笑

僕もドラマは観てませんし、ドラマをやってるタイミングで読むなんてバカ丸出しですから少し冷ましていた訳です…といいますか、図書館って返しに行くと借りないつもりでも何故か借りてきてしまうものですから自前の本はついつい後回しになってしまいまして。
遂に借りないで帰って来れたので、先ずは読みかけだった「古代遺跡」を片付けて本書にとりかかったのでありました…といっても先に読みかけていた宮本常一の「忘れられた日本人」と並行して読んでましたが。
「忘れられた〜」も集中力を要する本ですけど、本書も結構しんどかったなぁ!

基本的に企業小説ですからねー、研究者上がりで親の町工場を継いだ主人公が大企業からの訴訟に立ち向かう序盤は読んでてストレス溜まるっつーか典型的な企業の悪意にイライラムカムカ…主人公の町工場が取得した特許に対し、根幹は同じでも他社が定義をより包括的にして特許を取得すると主人公の町工場で僅かな仕様変更をするだけで他社の特許を侵害したと見なされかねないって酷いよな。
今後TPPが本格化すれば、この手でアメリカ企業の御用弁護士チームの独壇場だろ…知財に強い弁護士なんて縁がない零細企業は危ないね、って他人事を気取ってて大丈夫なのかね俺?

逆転勝利で乗り切るも新たな波乱が、って展開はジャンプ漫画のトーナメント戦かよ…第二第三の刺客がっていうパターンね、大手町の商社グループから絡め手で攻められ社内は大揺れ。
無意味な開発事業に営業利益を吸われてると不満を募らせた若手の反発、これがまた実際よくある話だよね…従業員構成で二十代が多いとマジでこういうバカが必ずいるし更に感化されちゃう腐った脳なしもいるんだよな、株式会社なら株主総会で社長更迭もあるだろうけど下っ端の分際で正論ぶって効率下げる位なら黙って辞めて自分で会社やれっての。
こんな話、もう関わりのない筈の僕が読むべきか?笑

この四面楚歌で会社の売却と研究者への復職が重なったら、躊躇せずに僕はそっちへ行くでしょうね…どちらも破格の条件ですし、安定志向の社員にとっても好都合で悩み無用じゃん?笑
この辺りは作者のストーリーテリングの力量を感じましたよ、ただ難題を順番に並べては潰してゆくだけの話じゃないんですな…まぁ「プロジェクトX」的な企業戦士への応援歌には変わりないのですけども、ロケット打ち上げの場面では「王立宇宙軍」の映像が脳裏によみがえりました。
巻末解説によると作者はドラマ「半沢直樹」の原作者だそうです、だからきっと人気作家なんでしょうね?
0
    | books | 2016.06.11 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top