おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
今井美樹「ルトゥール」

本作は、リリース順では確か「mocha」の次だったと思います…しかし'90年のアルバムだったんですね、自分の中では'94年辺りかという印象でしたが。
「本作から歌詞の内容がアラサーっぽく変化した」という覚えがありまして、前作までの楽曲群に統一感を生んでいたメイン作詞家や作曲家を刷新したのだと思っていたのですが…相変わらず作曲・アレンジはキーボーディストの佐藤準が中心となり、本作からプロデューサーとして今井と共に名を連ねていたのですな?
以前のアルバムには、エグゼクティブ・プロデューサーはいてもプロデューサーの表記はなかったのでね。

作詞家も岩里祐穂が中心ですが戸沢暢美の名が消え、今井自身が12曲中4曲で作詞しております…柿原朱美ら定番の作曲陣も、MAYUMIや上田知華らが提供する比率が減ったように感じられなくもないです。
ほぼ全曲で中西康晴が佐藤と共にキーボードを弾き、ドラムスは大半に青山純を起用…流石にサウンドを決定付ける今剛のギターは外せませんが数曲で鈴木茂が参加してるのは意外ですし、それから「愛は勝つ」直前のKANが提供した2曲も結構なアクセントかと。
要するに歌詞は岩里と今井がメインとなり、サウンド面では佐藤と今を残しながら空気を入れ換えた訳ね?

正直、本作のジャケ写は好きになれなくてね…まだ初期のトレードマークだったソバージュ・ヘアながらも(しっとりとしたオトナの女)的な雰囲気で、当時は(理由はないけど違和感が)って感じでした。
イメチェン画策中っていう、あざとさが露骨なのね。
欧風だけどスパニッシュ、とかそういう半端さは楽曲にも表れている気がします…元気でマニッシュな今井美樹というデビュー時からのイメージを徐々にスライドさせてきて、ここでメスの匂い全開!かと思いきや全部リセットするのは止めときましょう的な思惑が。
僅かながら確実に変質した、このジワジワ感が微妙。

今井が作詞した1曲目のタイトル・ナンバーは、イントロの今剛のギターが印象強いのですが…脳内再生されてる内に決まって「夏をかさねて」と混じってしまうんですよ、まさか両方とも同じ作曲者だからって理由じゃないと思うけど。笑
「カ・ケ・ヒ・キ・27」も曲としては混同しないけど、今井の書いた歌詞は「冷蔵庫のあかりで」とシチュエーション的に被ってる気がしますね…まるで「去年は、8月だった」という曲名に象徴されているようですが、前作が夏だとすれば本作はその盛りを過ぎた季節を意図したのかなぁ?
昔の恋人との再会や不倫といった、年相応の生々しさは同性リスナー受けしたにしても何か微妙なアルバムです。


関連記事:
【最近聴いたCD】今井美樹「Ivory」| 2016.01.04
【最近聴いたCD】今井美樹「mocha under a full moon」| 2016.05.21
【最近聴いたCD】今井美樹「Bewith」| 2016.05.27
【最近聴いたCD】今井美樹「Lluvia」| 2016.06.08
【最近聴いたCD】今井美樹「fiesta」| 2017.09.20
0
    | music | 2016.06.01 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top