おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
森野たくみ、松代守弘「古代遺跡」

初版'98年、新紀元社「Truth In Fantasy」シリーズの41刊目みたいですね…確か古本屋で見付けて甥っ子にあげるつもりで買ったのですけど、あいつら読書なんて全然しないようなので僕が読んでいました。笑
ゲーム好きだし関連性がある本なら読むかなぁ?なんて思ったんだけど、まぁ無理強いするもんじゃなし。
それはそうと、こういった本って僕は小学校の図書館でよく借りたっけ…なんて童心に返って読み始めたら、当時より調査や研究が進んでいて意外に新鮮で。
謎解きの続編といいますか、あとがきの言葉を借りるなら“過去は変わっていく”のだと思ったのですよ。

定説が覆り、常識が書き替えられる…それは案外、個人の過去にも当てはまるのではないかと感じたりも。
何年も前の記憶が、後になって思い込みや先入観に囚われて形作られていたと気付く時…理解の範囲や深さが増してから捉え直した過去の出来事が、まったく違ったように見えたりして。
まぁ端的に言えば、いわゆる黒歴史ってやつですな!
信念に沿って行動した事も、今からすれば思慮の浅さを臆面もなく晒していたとか…逆に辛い思い出も、自分が見方を変えれば受け入れていけるのだよなぁと。
そんな感想はさておき、本書の内容を簡単にご紹介。

全体としては「中近東(16)」「ヨーロッパ/地中海(15)」「北アフリカ/中央・南アフリカ(12)」「北アメリカ/中南アメリカ(17)」「環太平洋/中央・東南アジア/インド亜大陸(15)」と地域別に5つの章を設けて、それぞれ()内の数の遺跡を取り上げています。
対象は主に石器時代〜青銅器時代の石造遺跡が中心で、本文では遺跡毎に「建立文明」「建立年代」「建設者」「発掘者」「現在の所在地」を記載しています。
そして宇宙考古学や水中考古学といった最新の調査方法からオーパーツまで、ちょっとした解説コラムも所々に挿し挟まれています。

いわゆる七不思議も紹介されているのですけど、ギザのピラミッド以外は現存していないんですってね?
少し前に読んだ中国文明の本で紹介されていた三星堆遺跡も、実は本書で先に知ったんですよ…あの時点では本書を甥っ子にプレゼントする気でしたから、目を惹いた幾つかの項目だけを読んでいたのでしたが。笑
改めて最初から読んでみて、初めて知る古代の文明に興奮を覚えたり…今更ってぐらい有名な遺跡も、調査研究の新たな成果に驚かされたりで飽きさせません。
西欧文明のルーツ、オリエント文明が東に流れて生じた名もなき諸文明の痕跡…堪りませんな、独特さが。

政治形態や信仰には文明毎に大差ないけれども、自分がその時代その場所に立っていると想像すれば些細な特徴も非常にエキゾチックなんですよ…そして自分の中では空白地帯だった世界にフラグが立つ感じも、何かが始まったり拡がったりしていくようにワクワクとした気分になるのです。
それにしても文明社会の終焉って、自然災害と戦争を別にすれば決まって環境破壊なんだよなぁ…人類って本質的な学習能力が低いのか、人類の全体知としては継承できない事柄なのか?
ま、これだけ長く歴史に証明されたらアホでも仕方ない気がしてきましたよ。笑


関連記事:
【最近読んだ本】フィリップ・ディクソン「insiders ビジュアル博物館 騎士と城」| 2011.06.22
【最近読んだ本】石川純一「宗教世界地図」| 2011.09.20
【最近読んだ本】松村一男「この世界のはじまりの物語」| 2013.02.26
【最近読んだ本】紅山雪夫「ヨーロッパものしり紀行 《神話・キリスト教》編」| 2014.06.25
【最近読んだ本】フランツ・キュモン(著)、小川英雄(訳)「ミトラの密儀」| 2019.07.04


以下は個人的メモ
ギリシャ神話やキリスト教が行った、異民族の神を自らの体系へと統合する手法は既に紀元前2,000年頃のバビロニアで行われていた…全メソポタミアを平定したハンムラビ王は、支配地域の神々を主神マルドゥクの下に置いて宗教を体系化していた。(p.18)

英国の工作員だったアラビアのロレンスが「砂漠のアトランティス」と呼んで死ぬまで追い求めたウバールは、その位置を宇宙考古学によって割り出された…伝説ではアッラーの怒りで滅びたとされていたが、実際は地下に巨大な石灰岩の空洞があって地盤沈下で崩落したらしい。(p.29)

「FF9」ネタになったマダイン・サリは(サリの町)を意味し、ペトラ遺跡と同様にナバタイ人が南アラビア〜シリアを結ぶ隊商ルートの拠点として築いた。(p.35)

ペルセポリスはギリシャ語で、現地のペルシア人はパールサと呼んでいた…着工から完成まで60年を要したペルシア王の保養地らしく、一般市民の住居などは存在しないそう。(p.36)

メソポタミアのシュメール都市国家やエジプトの古王国時代と同時期、紀元前2,900年頃のシリアで栄えたエブラ文明…その大都市テル・マルディフはレバノン杉の交易で隆盛し、皆伐による砂漠化で衰退した。(p.42)

トルコのコンヤ高原に存在したチャタル・ヒュユクは紀元前7,200年という、少なくとも本書の刊行時点では人類最古の都市である…無文字文化ながら高度な社会構造を築いて黒曜石と銅の加工で栄えたが、家屋に戸口や窓がなく屋上から出入りしていた点は北米インディアンのアナサジ族を思わせる。(p.49)

1822年に出版された本に未解読の文字がシリア西部で発見されたと記され、1887年にはエジプト中部の遺跡で発掘された粘土板にも同じ文字が…1905年にトルコでも遺跡と共に粘土板が見つかり、こうして鉄器と騎馬戦車でアナトリアを制したヒッタイト帝国がエジプトと交わした平和条約の詳細はハットゥシャ遺跡の文書から明らかになった。(p.56)

中世の貴族に愛されたアルテミシア女王はギリシャの都市ハリカルナッソスを治めたカリア王マウソロスの妻であり、王の名は「壮麗な霊廟」を指すMausoleumという普通名詞に残ったが肝心の霊廟は15世紀の十字軍遠征時に築城の材料として完全に破壊された。(p.64)

シュリーマンの発見したトロイ遺跡と同様、神話と思われていたミノス王のクノッソス宮殿を発見したイギリスの考古学者は生涯をクレタ文明の研究に捧げたという…宮殿の内部には随所に“牛をモチーフにした双斧(ラブリュス)の飾り”があって、ラビリンス(迷宮)の語源となったのだとか。(p.72)

マルタ島に隣接するゴゾ島で発掘されたタルシエン遺跡は、地中海最古といわれる紀元前4,000年頃の石造神殿である…同島のガンティヤ、マルタ島のハジャリムとムナイドラといった遺跡群からは大地母神と思しき土偶が多数出土し“組織だった宗教の痕跡を見出だせるもの”としてはヨーロッパ最古の遺跡である。(p.86)

ローマ人が「ガリア」と呼んだケルト人はカエサルの遠征とゲルマン人の南下で衰退したが、オーストリアのハルシュタット遺跡は紀元前800年頃の彼らの“木の文化”が埋葬品から解明された奇跡的な例である…発掘者は岩塩採掘の監督という本業の傍ら個人で作業を進め、1856年には皇帝フランツ・ヨーゼフと皇后エリザベートが立ち会っている。(p.117)

紀元前3,100〜2,500年と推定されるイギリス最古の石造家屋、スカラ・ブレー遺跡は1850年の嵐で覆っていた砂の層から露出した。(p.125)

カルナック遺跡は2つあり、フランスの列石群はCarnacでエジプトの神殿はKarnak…仏カルナック地方はヨーロッパ巨石文化の中心で新石器時代の前後にかけて建てられた約3,000の巨石が3キロ並び、カルナック神殿は紀元前1990年の中王国時代に建てられた世界最大の神殿建造物だがローマ帝国に属州とされた頃には忘れられ砂漠に埋もれてしまった。(p.126、158)

メガリスティック・モニュメント、巨石記念物の分類には形態に応じた呼称が幾つかある…その基本的な一つがケイルンまたはケルンで小石を積み上げた塚を指し、記念碑のように大きな立石をメンヒルと呼ぶ。
多数のメンヒルを直列に並べたり環状に配置したストーン・サークルなど列石はアリニュマン、複数の支石と扁平な石でテーブル状に構築された遺跡はドルメンと呼ばれ仏ブルターニュ地方で集中して発見されているが世界各地に分布しており主に墳墓ドルメンか記念碑ドルメンに分類される。(p.129)

ポーランドのビスクービン集落遺跡は紀元前8世紀頃の古代スラヴ人による典型的な城塞村落でバルト海沿岸のポメラニア人からの侵略に備えた防壁で囲まれていた、しかし温暖化による近隣の湖の水位上昇と洪水の発生で貴重な木造遺跡は砂と泥に覆われたまま当時の生活様式や活発な交易の様子を現代に残してくれた。(p.133)

スフィンクスはギリシア神話や日本の狛犬にまで影響を及ぼしたといわれるが、紀元前15世紀までは首まで埋もれていたらしい…その起源に関して、最近の調査では壁面に大洪水の痕跡が発見されて一段と謎が深まっている。(p.155)

王家の谷で唯一盗掘を免れたツタンカーメン王の墓が発掘されたのは20世紀に入ってからで、一説には関係者22人が変死したとされる「ファラオの呪い」だが現地の作業者や最高責任者ハワードには及ばず遺物はカイロ博物館に納められた。(p.164)

古代ギリシア人が「日に焼けた顔を持つ人」という意味でエチオピア人と呼んだクシュ人はエジプトの属国から侵略して新王朝を興すも、アッシリアに敗北して故国に撤退し現・スーダンのメロエに古代エジプトの文化様式を継承した王国を建設した。(p.178)

米オハイオ州のグレート・サーペント・マウンドは高さ1.5m×長さ366m、ナスカの地上絵のように上空から見ると様々な形状を模したように見える先住民アデナ人が作った塚の中でも最大級の規模だが一切が不明。(p.182)

水中考古学は第二次大戦末期にアクアラングが発明されて進んだ新しい考古学で、'52年に仏マルセイユ港外のグランコングルエ島沖で行われた古代ギリシアの沈没船調査やアレクサンドリア港の海底調査などが有名…日本でも琵琶湖や諏訪湖で縄文時代の遺跡が発見され、1026年に沈んだ鴨島や坂本龍馬が海運交易に用いた「いろは丸」などが発見されている。(p.230)

ポンペイ(ポナペ)島に隣接するチャムェン島の浅瀬に築かれた人工島群ナン・マドールはミクロネシア最大の遺跡で、紀元5世紀前後から17世紀まで王都として栄えた後に放棄された。(p.232)

中国歴代の支配者が何世代もかけた万里の長城は紀元前7世紀前後の春秋戦国時代に諸国が築いた、北方の遊牧騎馬民族(匈奴)の侵入に対抗する防壁から始まった…中国を統一した秦の始皇帝が各地に点在していた城壁を繋ぎ合わせ、再び匈奴の侵入が活発になると漢の武帝が狼煙台を設置するなど防御体制を強化して明代には全面的にレンガと石灰による修復と拡張が行われたため始皇帝以前の面影は失われている。(p.256)

実在が確認されている中国最古の王朝は湯王が興したとされる殷で、その最後の都跡は殷墟と呼ばれ河南省で発見された…時代的には紀元前25世紀頃とみられ、王が卜占で天意をうかがう神権国家だったが次代の周では封建制となった。(p.259)

長江(揚子江)上流の四川省成都盆地で'29年に発見された三星堆遺跡は殷王朝と同時代の文明で交流もあったようだが、その遺物は類を見ない奇抜な造形で中国史に異彩を放っている…しかも黄金の加工技術は殷・周代を凌駕し、青銅の鋳造に至っては現代の技術でも容易ではないという。(p.264)

6世紀のチベットにあった吐蕃王国は9世紀にラダックとプランとグゲに分裂し、ラサの西チャンタン高原の岩山に築かれたツァパラン遺跡はグゲ王国の首都だった…幾多の古代文明同様に環境破壊で衰退し1630年に隣国ラダックの攻撃で全滅、当時の遺体は4,000mという標高ゆえ未だに屍蝋化したまま残っている。(p.267)

「死者の丘」を意味するモヘンジョ・ダロの遺跡は'20年に発見され、成立年代は紀元前40世紀まで遡るといわれるが詳細は未だ不明…地下水の湧出で'65年から発掘が中止されているだけでなくインダス文字の解読が進んでいない事も理由の一つであるが、系統としては紀元前35世紀頃イラン高原から来たドラヴィダ族の言語に近いらしい。(p.276)

パキスタンのバンジャブ地方ラホールで発見されたハラッパ遺跡はインダス最大の都市であるが、'20年に調査が始まるまでイギリスの鉄道業者が焼きレンガを敷設用に持ち去り大半が破壊された。(p.280)
0
    | books | 2016.06.15 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top