ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
加門七海「怪のはなし」

初版'11年の集英社文庫、著者自身の体験を綴った「実話怪談」本です…僕にとっては著者といえば「三角マンション(三角屋敷)」という位、あの最も恐ろしい話のどこまでが実話でどこまでが創作なのかは知りませんが本書も期待と恐れが相半ばする気持ちで手に取った次第です。
本書には20編も収められているのもあり、どの話も割合にアッサリしていますが…やはり著者は分かってらっしゃる、なんて僕が言うのもおこがましいけども何か腑に落ちるのです。
僕は霊感体質じゃないとはいえ一種の本能的な直勘は信じているし、そうした気が働く瞬間のスイッチがリアルに感じられたのです。

ほとんどが在り来たりな幽霊譚とは一味ちがっていて、それに“ありがちな金縛りひとつでも、何らかの工夫を凝らしてくる”ので決して慣れる事がないという著者の場数に裏打ちされた受け止め方も独特です。
著者も霊感体質とはいえ霊能力は皆無、つまり護ったり祓ったりする術がないので場数は踏んでいてもリアクションは素人同然…だから怪異の正体は分からず終いでも、いちいち尤もらしいオチを着けたりはしないのが寧ろ好いんですよ。
怪談に小説のような構成は要らないんです、だって実際に奇妙な出来事に出会したとしても理由まで分かったりはしない訳ですし?

中でも印象深かったのは、霊能者や拝み屋が通う曰くありげな「神像の話」…仏教美術の定型外という外見は異端の流派でなく、仏像に見せかけて邪教の霊力を潜ませた土着の神では?と民俗オカルト感たっぷり。
神秘的な湿原に行った夜、何度も夢に牡鹿を伴って引き込もうとする「霧の話」も惹かれましたね…特に“この夢以降、私は自然、ひいては神というものに、人の善悪・吉凶は通じないという確信を持った(中略)人智の及ばぬ感覚と感性が、世界には存在し(中略)その中での死というものは、牡鹿が花に変化するための一過程に過ぎない”という結びに、強く共感しました。

「神楽の話」は、僕が先日みた夢と関係がありそうだと今更ながら気付きました…本書を読み終えてから件の夢を見るまでには日が開いてましたし、こうして本書の記事を書いているのは更に日が経ってからなので考えもしませんでしたが。
東京から飛行機に電車にバスにタクシーと乗り継いで十時間という“山奥の、小さな小さな集落”へ、著者が夜神楽を見物に行った話…世帯数が30未満の村で“普段は神主も近寄らない”山の神で“神様の子孫”という少女ですよ、しかしそうした共通項よりも文章から受けるイメージというか空気感が先日の夢と重なる気がしてビビりました。

“都会で暮らすには、ある程度、鈍くならねばやっていけない”と結ぶ「雑踏の話」や“愚痴や嘆きを糧にして、肥え太るナニカがこの世にある”と警告する「友人の話(前・後編)」など、まとまりの良さに創作めいて感じられる話もありましたが…ぼちぼち整った話を織り交ぜた事で、全体に起伏が付いた気もします。
巻末解説は意外にも森達也で、そのオカルト観が実に彼らしくて好いです…デジカメの普及でオーブ写真が増えて“牧歌的な心霊写真”が減ったとか、心霊動画に共通する「見え隠れ」の法則に映像作家の視点が。

“堂々と腕を組んで笑いながら登場する心霊は(中略)認知できない”とか“非日常性を演出しようと(中略)彼らは、僕らの期待に必死に応えようとしている”とか“邪険にしてはいけない。だって彼らは、数十年後の僕たちかもしれないのだから”とか、オカルトを肯定も否定もしない立ち位置の森ながら著者のスタンスとも遠くないような…この二人で書いた本がないか、ちょっと検索してみよう。(→ないのねー、いや残念!)


〈加門七海〉関連記事:
【最近読んだ本】「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】「心霊づきあい 11人の作法」| 2018.10.15

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」/福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
0
    | books | 2016.06.26 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top