おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
今井美樹「Lluvia」

なんとまぁ、本作のリリースは'91年でしたか…彼女のアルバムは「FLOW INTO SPACE」まで聴いていましたが、僕の記憶より実際は4〜5年も前だったとは。
タイトルの「ジュビア」はスペイン語の「雨」、その言葉をチビッコたちが叫んだメキシコで彼女を思い出したのは本作のせいでした…とはいえ楽曲の印象が何も残ってなかったのは大して聴き込まなかったからでしょう、ジャケットのアートワークだけは彼女のアルバムで一番好きなのにね?
聴き返してみると特にヒット曲もタイアップ曲もない分、全体の流れから浮いてる曲もないのでアルバムとしての統一感は高い感じ。

相変わらず佐藤準がプロデューサー兼アレンジャー兼キーボードを担当、作曲は全10曲中1曲で他は柿原朱美と上田知華のSSW陣にMAYUMIや山口美央子といった常連が提供…何故かムッシュかまやつが1曲書いてますね、もしや作詞の今井のコネ作りか?笑
今井の作詞は4曲で上田が2曲、残り4曲は岩里祐穂…参加ミュージシャンも過去作から馴染み深いメンツで固めており、一種「初期チーム佐藤組での集大成」という趣きが感じられます。
いつもの顔ぶれでリラックスした現場のムードが、AORライクなサウンドの中に反映されているような…って、まぁ想像ですが。笑

個人的にはタイトル・ナンバーと「夢の夜」が心に残りましたね、美久月千晴は常連組ながら本作のベースラインで急に存在感を増したような印象が(失礼!)…全曲ミドル〜スローなテンポで起伏や緩急を排した構成は自信の表れか、あるいは偉い人に決定された佐藤組の解散を踏まえてのフェアウェル・パーティー的な含みがあったり?
いやー、それは流石に考え過ぎか…しかしかつて「元気印」を売りにした今井美樹は跡形もなくなり、明るさも希望も苦み走った歌詞になって張り切っていた歌声も本作では抑え気味で。
ドライブ・デートには不向きですが、楽曲は粒揃い。

追記:「Tea for two」という楽曲は、本作では「作詞:今井美樹、作曲:かまやつひろし、編曲:佐藤準」と記載されていたのですが・・・Wikipedia情報によると現在は作詞作曲ともトム・ジョビンで訳詞が今井という表記に変更されているようで、要するにトムの「Este seu olhar (君のまなざし)」のカバー扱いになったようです。
Lluvia今井美樹 (←左クリックで拡大表示されます)


関連記事:
【最近聴いたCD】今井美樹「Ivory」| 2016.01.04
【最近聴いたCD】今井美樹「mocha under a full moon」| 2016.05.21
【最近聴いたCD】今井美樹「Bewith」| 2016.05.27
【最近聴いたCD】今井美樹「ルトゥール」| 2016.06.01
【最近聴いたCD】今井美樹「fiesta」| 2017.09.20


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Toquinho - Este Seu Olhar』(これはトッキーニョによるカバーです、まぁ確かにこれでは「かまやつ作曲」とは謳えないかも)
0
    | music | 2016.06.08 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top