ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
チャーリー・ヒューマン(著)、安原和見(訳)「鋼鉄の黙示録」

まるでアイアン・メイデンのアルバム・タイトルですが、なんと南アフリカのSF(?)小説なんですよ…原題「Apmcalipse Now Now」が映画「地獄の黙示録(Apmcalipse Now)」に因んでいるのは明白ですが、現地で(近い将来)を意味するスラング(Now Now)とも引っ掛けてあるのだそうです。
実は17の章題も映画や本や曲名が元ネタにしているようですし、本編にもそうした小ネタが頻出するので訳出する側にそうした知識がなかったらチンプンカンプンだったでしょうな。笑
ポップ・カルチャーに南アフリカの歴史と神話を盛り込んだ上の、SF調パルプ・フィクションといった趣き。

主人公は十代の少年、オランダ系(アフリカーンス)の血を引くイギリス系白人です…黒人目線ではないボーア戦争以降の歴史+2柱の南アフリカ創世神に由来する秘密結社の残酷史と、ユニークではありますがフィクション要素は類型的。
それは神話の二元論的な世界観だけでなく、むしろ意図して既成のパターナリズム上でストーリーを展開させたのかも…チベット系ドワーフが継承した異端のカンフーとか、忍者とはカラスの悪霊を指す天狗であるとかバカ設定も山盛りで。
元MK6の探偵は呪術師で賞金稼ぎ、選ばれし者の主人公が能力覚醒…妖怪に海賊に、ロボットついでに時空戦と。

同じ南アフリカが舞台のSF映画「第9地区」を連想する場面もありますけど、一応は少年のビルドゥング・ストーリーなので、スクール・ライフや初恋物語に収斂してしまうのがショボいな…巻末解説に“一九八〇―九〇年代に日本で一世を風靡した、スーパー伝奇バイオレンスと超伝奇アクションというラベルに通じる”とある通り、まるでブッ飛びアニメかっていう。
個人的に好きなのは“なんで親は、校門を見ると感傷的になるんだろう”という一文と「Escape (the pina colada song)」ネタと“いい警官と悪い警官”ネタだなー、あと部族で魔術の系統が異なるという設定。

ナードコア・ラップ(ヲタ好みな歌詞のラップ)やベージュのチノパン(英国製チノパンの洗濯ラベルに差別的ジョークがあるとツイッターで拡散した騒ぎ)から「指輪物語」の一節“放浪する者すべてが迷う者ではない”まで、訳者の広範な知識は感嘆モノです。
'13年に発表された本書は著者のデビュー作で続編も刊行されるようです、そこまで付き合おうといった気にはなりませんでしたが…これはこれで娯楽活劇として楽しめましたよ、初版'15年の創元社SF文庫。
0
    | books | 2016.07.18 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top