ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
加門七海「怪談を書く怪談」

初版'13年のKADOKAWAメディアファクトリー刊、本書もまた著者自身の体験に基づく「実話怪談」12編を収録しています…先日読んだ「怪のはなし」もそうでしたけど、著者自身が見たり感じたりする体質なだけに月並みな体験談とは一線を画す妙味がありますね。
そろそろ祓ったり浄めたりする技能を学んだ方が好いのでは?と思わせつつも、豊富な場数で身に付けた経験則だけで乗り切っているのが「実話系」作家としての持ち味だったりして。笑
しかも民俗学と寺社仏閣や骨董など趣味の知識を味付け程度に絡めてくるのね、これが箔付けでも解説でもない微妙な匙加減でして。

著者の日常に顕れる怪異なので、エッセイというか身辺雑記の趣きが強いのは好みの分かれるところでしょう…しかし雑誌「ダ・ヴィンチ」や「怪談実話系」などに掲載された最初の9編と比べて、本書に書き下ろした「聖者たち(一)」「(二)」および表題作は少し濃いめな気がしました。
雑誌への掲載では不特定多数への影響力を想定して手加減したけれど、単行本を手に取るコアな読者には若干ディープでも構わないだろうといった調整がなされたような…当然ながら書き下ろしの方が面白いといいますか印象深いのですが、特に「聖者たち(一)」など感染力も高そうな気配で。

“大きな木というのは大概、人間よりも長く生きてます(中略)魂のあるなし以前に、そういうものに敬意を払って、大切にするのは当然でしょう。人もそれに気付いているから、木を伐るときに祈祷をしたり、神主さんに御魂抜きをしてもらったりする”、“炎に煽られたとき、自ら水を吐くとされるほど、銀杏の木は火に強い。ゆえに、防災のため、江戸時代には火除地に植えられていたと伝わっている”…著者の古木へ向ける思いや浮浪者に対する感性は心強く、共感します。
それにしても前世レベルの報謝運ですな著者は、この可笑しみと戦慄の案配もまた他にない妙味なのです。


〈加門七海〉関連記事:
【最近読んだ本】「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】「心霊づきあい 11人の作法」| 2018.10.15

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」/福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
0
    | books | 2016.07.21 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top