ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「THE BIG BOUNCE」

邦題も原題と同じ「ビッグ・バウンス」で、てっきり僕は(巨額の不渡り手形)という意味だと思っていましたけど(大法螺)の事なのね?
以前レンタル店で借りようか迷ったのだけど、近所のワゴンセールで¥280だったので買っちゃいました。
レンタル落ちなので冒頭に新作紹介があったんですけど、最後に何故か妙に古臭い映像が…何かと思ったら、わざわざ本作のリメイク元を紹介してたとはね!笑
「悪女のたわむれ」なる邦題で公開されたライアン・オニール主演作から舞台をハワイイに移し、盗む現ナマ5万ドルは40倍に増額…社員の給料だったのを、地回りヤクザへの礼金に。

主演はオーウェン・ウィルソンモーガン・フリーマン、オーウェンの役柄は本土から来た小悪党、モーガンが演じるのは地元でログハウスを経営する判事…更に社長の子分ボブ・ジュニアをチャーリー・シーン、判事のドミノ仲間ジョー・ルーリー役にウィリー・ネルソンという意外な配役。
ちなみに本人役でケリー・スレーターがクレジットされてましたが、ファンじゃなければ判別不能かと。笑
ハワイイの聖地にホテル建設を目論むリッチー社長は「フォレスト・ガンプ」のダン中尉、彼の裏金を盗めと色仕掛けでそそのかすイカれ愛人のナンシー…造作もないと思われた計画にボロが出て、際どく助かる小悪党でした。

何だろう、この味気なさ。
観客の裏を掻く脚本が売りだったみたいね、でも詰まんないのはオーウェンのせいかな〜?…こいつが出てるんで今まで借りるの止めてたんだよね、で結果は案の定と。笑
'04年でクリスチャン・ラッセンの絵をネタにするのも今更だし、小肥りチャーリーも中途半端だしホモネタですら笑えないという。
大体“物事は見た目どおりのこともある 時にはな”って台詞はブラフのつもりだったのかね、まるで効いてなくない?…っていうか大どんでん返しというにはパンチがないし、このオチって女性客にウケるの?笑
ナンシーが気の毒で、スッキリしない幕切れでした。

まぁ見所はモーガン&ウィリーら「カウボーイビバップ」のアントニオ&カルロス&ジョビンっぽい老爺たちかもなー、お色気キャラのナンシーも男子的には目の保養になりましたけど。
音楽監督のジョージ・S・クリントンは、やはりパーラメントの人でしょうか?…フリースタイラーズアイズレーライ・クーダーの曲を起用しつつもビーチ・ボーイズを使わないとは思い切ったセレクトです。
頑張って誉めてもその程度ですよ、駄作というより資金と役者の無駄遣い映画。
全編ノースショア・ロケなのに空撮が悪目立ちしてます、特に海から岸に寄せてくカメラワークはしつこすぎ。
0
    | cinema | 2016.07.19 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top