ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
山下裕二(監修)「超絶技巧美術館」

音楽でも美術でもテクニックは大事ですけど、技巧に偏重した作品って作り手のドヤ感が鬱陶しいんです。
それと前に若冲を絶賛してる人がいて、僕は知らなかったから調べてみたら「美術手帖」か何かの特集からブームが来てたらしく…まぁファッション誌をフォローするお洒落さんをダメだとは思わないけど、もう若冲って名前を出されると話をする気が失せるんだわ。
分かります?そういう流行りとか権威への盲信って、否定はしないけど腹を割って分かち合えない訳です。
ショパンやビートルズのように、若冲もウォーホルもね…凄いんだろうが、そう言われたらそれまでなの。

なんか偉そうな前置きで恐縮です、言わんとするニュアンスが伝われば好いのだけども…超絶技巧を否定はしないし、こうした形で間口を広げるのもアリだと僕は思っているのですよ?笑
でも基本は自分の目や耳を信じるべきなんです、こうしたウンチクとか評価よりも心が掴まれるかどうか…本書を見て分かった気になる人がいたら、その感覚を先ず疑ってみるべきです。
確かに驚異的ですが、僕には職人芸の極みとしか思えないんですね…いや感嘆には値するし後世に残すべき工芸品だとは思いますよ、でも価値観や人生観を揺さぶられるアートではない。
少なくとも、僕にはね!笑

本書は気鋭の作家を中心に扱っており、彼らの超絶技巧を解説する上での背景として若冲など古典的な大家も紹介されています…それらの作品は必ずしもアーツ&クラフツばりの実用品でなかろうと、いずれも美術工芸品として高値で取り引きされて当然の素晴らしい出来映えではあります。
それは例えばデュシャンが「泉」と題した、既成の便器を横倒しに置いただけの作品と比べても明らかです…あんな物に、誰が大枚を払うのかとさえ思います。
しかしながら、僕にはデュシャンの方が偉大なのです…本書で紹介された作品の衝撃と、デュシャンの示した衝撃とは異なりますが。

かつて村上春樹の小説にあった“ボートはボート、セックスはセックス”という一文で喩えれば、本書の作品は実に「nice boat」です…しかし「ボートでセックス」も起こり得る、そんな期待さえ膨らみました。
ちなみに本書は「美術手帖」'12年10月号の掲載記事を増補・改訂した内容で、'14年に開催された三井記念美術館の特別展「超絶技巧!明治工芸の粋」を当て込んだ出版物だった様子。
要するに連動企画ってやつでしょうかね、やはり「美術手帖」ですから抜かりなく読者を誘導したようで。
読んでもいないのに失礼ですが、アート界の「an・an」といった感じですな?笑

紹介されている作家および団体は、順に池田学/安藤正子/山口秀紀/会田誠/井上雄彦/アイアン澤田/前原冬樹/青木克世/橋本雅也/「雲龍庵」北村辰夫/田嶋徹/東京藝術大学大学院文化財保存学/アダチ版画研究所(山口晃)/安藤緑山/明珍/正阿弥勝義/並河靖之/円山応挙/長沢芦雪/蘇我蕭白/伊藤若冲/狩野芳崖/河鍋暁斎/狩野一信/上村松園/鏑木清万/橋口五葉/高畠華宵/伊藤彦造/小川信治/鷲見麿/篠田教夫/山本タカト/森淳一/近藤智美/ジョン・ハサウェイ/葉山有樹/見附正康。


〈現代美術〉関連記事:
【最近読んだ本】山口裕美「COOL JAPAN」| 2008.03.25
【最近読んだ本】トーマス・マックナイト画集「Windows on paradise」| 2008.12.09
【最近読んだ本】ミッシェル・ライリー「フランシス・ベーコン」| 2009.02.19
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】川俣 正(作)、村田 真(文)「A WALK ON THE BRIDGE 橋を歩いていく」| 2009.11.27
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
【最近読んだ本】ドリ・ハダー「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」| 2012.12.22
【最近行ったところ】企画展「アートと音楽 ――新たな共感覚をもとめて」| 2013.02.03
【最近みたDVD】「痛みが美に変わる時 画家・松井冬子の世界」| 2013.04.28
【最近行ったところ】「フランシス・ベーコン展」| 2013.05.07
【最近みたアート】「アンドレアス・グルスキー展」| 2013.09.03
【最近読んだ本】「アウトサイダー・アート」| 2013.11.08
【最近読んだ本】「メディア芸術アーカイブス 15 YEARS OF MEDIA ARTS 1997 - 2011」| 2013.11.14
【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
【最近読んだ本】齋藤芽生「徒花図鑑」| 2014.08.12
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」 | 2014.10.05
【最近行ったところ】企画展「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」| 2015.07.30
【最近行ったところ】「ボストン美術館の至宝展」| 2017.08.21
【最近みたアート】「理由なき反抗展」| 2018.09.14
【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30
【最近みたアート】「伊庭靖子展 まなざしのあわい」| 2019.09.13

〈アーツ・アンド・クラフト〉関連記事:
【最近読んだ本】小川 弘「アフリカのかたち」| 2008.02.26
【最近読んだ本】「ドームとナンシー派」| 2009.05.02
【最近読んだ本】鈴木潔「光の魔術師――エミール・ガレ」| 2009.05.11
【最近読んだ本】松本路子「魂の布」| 2009.05.15
【最近読んだ本】アフリカ理解プロジェクト 編「アフリカンアート&クラフト」| 2009.12.03
【最近読んだ本】「別冊太陽 骨董をたのしむ―41 ヨーロッパ・アメリカのアンティーク・ガラス」| 2009.05.21
【最近読んだ本】高井潔(写真・文)「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】宮城篤正(監修)「すぐわかる沖縄の美術」| 2013.04.12
【最近読んだ本】「AINU ART ― 風のかたりべ」| 2013.11.02
【最近読んだ本】ダーリング・ブルース、ダーリング・常田益代「図説|ウィリアム・モリス」| 2013.11.05
【最近読んだ本】「津軽こぎんと刺し子はたらき着は美しい」| 2014.03.20
【最近読んだ本】湯川豊彦(著)、浅岡敬史(撮影)「超ロングセラー 絶滅寸前商品」| 2015.07.24
【最近読んだ本】高井潔(写真・文)「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
0
    | books | 2016.08.03 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top