ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「STRANGER THAN FICTION」

邦題「主人公は僕だった」、'06年のウィル・フェレル主演作です…今まで幾度となくレンタル店で手にしては棚に戻したのに、近所のワゴンセールで¥280だったのを見て買っちゃった!
しかしなー、どう考えても面白くなさそうなんだわ…自分が誰かの書く物語の登場人物だなんて、それがどうしたとしか思えないし?
ウィルの役柄は真面目だけが取り柄の税吏で、いきなり聞こえるようになった声に振り回されるのです。
その声は、彼の取る行動から彼の心の動きまでを即時ナレーション…もちろん彼にしか聞こえないのですが、自らの死を仄めかされるに至ってパニック状態に。

その声が幻聴だろうが内容は誤りがないだけに、唐突な死の予告を一笑に伏す訳にもいかず…統合失調症と診断されようが“物語が死で終わる前に”知りたいと足掻く気持ちは理解出来ます、この哲学的というよりも普遍的な主題をスピリチュアルもファンタジーも抜きで描くのが本作の妙味。
しかし声が知らなかったのは、彼が文学教授のダスティン・ホフマンに相談した事…やがて声の主は小説家のエマ・トンプソンであると判明しますが、ますますウィルの死は避けられない羽目に陥っていくのです。
ウィルを死なせたくないエマ、死を受け入れるウィル…おっと、ネタバレ寸前!

遅かれ早かれ人は死ぬのに、ついその問題を棚上げしてしまう…いつ死んでも悔いのないよう日々を生きよう、そう心掛けている筈の僕もまた忘れていた感覚。
人生を素的なものにする、それは今すぐ出来る事。
“やりたいことをやれ!”
望まない事を我慢する人生だけは生きてない、でも今やりたい事をやってるか?といえばノーだ…やりたかった事は大体やってしまった、そうしていた時に感じていた何かが今はない。
そんな状態だからウィルに同化したのでしょう、観る人によっては設定自体を受け入れられないかも…というか、ふと(物語の世界を否定する人は物語から拒まれている)と思いました。

本作はウィルの物語でありながら、エマの物語でもある点がユニークですね…まるで「ソフィーの世界」ですよ、産みの苦しみを経て紡ぎ上げた完璧な世界を前に葛藤する彼女の姿が本作に深みを与えています。
最悪のタイミングで登場人物を死に追いやっていた自分、彼らはタイプライターに打ち込んだ通り死んでゆく…創作とは半ば天恵であり、作者は一種の媒介者に過ぎないというのにね。
凡作と評される自虐でシメつつ、傑作じゃないから愛されるという逆説。笑
ちなみに先日みた「ダブリン上等!」も本作も、自転車に乗った男の子が絡んでくるのですよ…どちらでも端役ながら重要な役どころという点まで似通っていて、なんだか妙な気分です。

原題を直訳すると、やはり「事実は小説より奇なり」かな…自分の死を知っていても尚、その運命をトレースするタフさを持ちたいものです。
ところでエマの秘書を演じるクイーン・ラティファが“私は うるさい音楽も麻薬も嫌いです”と言う場面は、ツッコミ処ですか?笑
花束ではなく腕いっぱいに抱えた小麦粉(フラワー)をマギー・ギレンホールに贈るのも、やっぱり笑いどころなんでしょうかね…まぁウィルのギター・アンプに目盛りが全部12まであったのは、明らかに「スパイナル・タップ」ネタでしょうけど何故ここで?!笑

自分だけに聞こえる声、ときたら先ず連想するのは「フィールド・オブ・ドリームス」ですが、僕はプールに飛び込むダスティンで「ビッグショット・ダディ」を先に思い出しました。笑
劇中、TVで流れていたのはモンティ・パイソンの「ミーニング・オブ・ライフ」でしたか…もしやエマをイギリスの作家と設定した理由にも何か元ネタがあったりするのかもね、ともあれ騙されて観るもんです。
日本語の吹替えとオリジナル音声の両方で観たんですが、二度目でも後半はドキドキしますね…物語が語る物語という仕掛けは突飛でも、好いタイミングでリフレッシュさせてくれました。


個人的な関連記事:【最近みた夢】神社の巫女と神降ろし| 2016.05.09
0
    | cinema | 2016.07.31 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top