おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
マツダセイチ「Re:ゼロから始める異世界生活 第一章 王都の一日編」1巻

初版'14年MFコミックス アライブシリーズ、連載も同年の「コミックアライブ」誌…メディアファクトリーってKADOKAWA傘下だったのかー、というか今また漫画雑誌は百花繚乱の時代を迎えているようですなぁ!笑
しかしこの漫画誌、原作だけでなくキャラクター原案まで立てるスタイルを徹底してるのかね…明らかにマルチメディア展開を前提とした分業制だけど、漫画家自身も(負担が減って楽)とか(儲かりゃいいじゃん)といった考えなんですかね?
打ち切りの心配がないってのも漫画家には有難いでしょうし、長ったらしいタイトルからして予め長期連載する段取りって事だもの。

そういう安パイ確定だからか、なんか無駄がないというか無理して見せ場を作らない序章っぽさに可愛い気のなさを感じたりして…割と昔の漫画って大筋は決めてても連載ランキングを維持する気持ちが強かったと思うんですよ、それで単行本化する際に粗を隠すため加筆・修正したりしてさ。
キャラ顔も、描き慣れてない連載開始時と完結間際で別人みたく変わってたり…なんて事も起こり得ない訳で、いきなり完パケってのは賢い作り方なんだろう。
それはつまり「作者に応援のお便りを!」的な古臭いテコ入れ終了って事ですな、読者のレスで作者が頑張れた時代じゃないって事。

本作もRPGパロディ系で、コンビニ帰りに異世界へ来ちゃった主人公が即座に適応してツンデレ女子と無茶して死亡…すると初期状態からリスタートという、時間のループとゲームのリセットを絡めております。
もちろん記憶は持ち越されるので、じきに最初の難関もクリアするよね…画力はあるけど今時のアニメそのまんま、すべて卒なく上出来だけど味気ないんだな。
例えるなら「音楽学校でスキルを勉強したバンドが作る売れ線のJ−POP」ですね、破綻もないけど面白味もないっていう無難さ。
きっと既にこうした手法の漫画製作が主流なんだろうな、それも時代の流れか。
0
    | comic | 2016.07.24 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top