ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
雨宮淳司「恐怖箱 水呪」

またも怪談本ですが、本書は個人の創作なのでした…なので単なるホラー小説の短編集なのです、オビには実話怪談を謳ってますけど9割方フィクションです。
著者は看護師で趣味として実話怪談を蒐集するうち竹書房が主催する実話怪談コンテストに参加して医療怪談などを書いてるそうで、本書は四大元素シリーズの第3作目として書き下ろされた5編を収録してます。
つまり本書は水にまつわる怪談という趣向なんですね、しかしそういう発想に無理があるといいますか無理しちゃった感が半端ない!
笑い話は難しいというけど怖い話も実は難しいし、ましてや怪談にするのはね。

まず怪談じゃなく、生臭いホラー話ですよ全部…それに水の扱いが脇役というより小道具レベルで、まだ船幽霊の焼き直しでも並べてくれた方が良心的でした。
1話目は徘徊老人の摘便ネタで2話目は腐敗した牛の死骸、3話目は廃屋同然の借家が舞台で水っ気ゼロ…4話目は別荘の持ち主と隣人の関係に水を強引に絡ませた妄想話、5話目は水っちゃあ水だけどっていう。
話としては3話目が惜しい感じで5話目は上出来でした、怖くはないけども。笑
偉そうに貶して申し訳ないですが、全体的に生臭すぎ!
それから書き込みの細かさも、怪談に持って行ける要素を台無しにしてるなぁ。

でもきっと、こういったホラー話が需要あるんだろうね…映画とかドラマっぽいのよ、そこら辺が出版社サイドの意向なのか著者自身の狙いなのかはともかく。
五感に訴えるのがホラーの恐怖とすれば、怪談の怖さって気配なんじゃない?…ホラーって死臭だけど怪談で畏怖じゃないかな、敢えて分け目を言葉にすれば。
初版'13年の竹書房文庫。

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」/福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
0
    | books | 2016.07.27 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top