ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたDVD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだ本
高橋克彦「ホラー・コネクション」

本書は「高橋克彦迷宮コレクション」という、小説以外の著作をまとめた“十巻以上の編成となる”選集の一冊として'01年に角川文庫より出版された対談集である…荒俣宏とは'88年「GORO」誌上で、岩井志麻子とは語り下ろし、小池真理子とは'96年「週刊小説」誌上で、瀬名秀明とは'97年「IN★POCKET」誌上で、都筑道夫とは'84年「SFアドベンチャー」誌上で、丸尾末広も本書語り下ろし、宮部みゆきとは'01年「本の旅人」誌上での対談。
僕は著者を、主に伝奇小説を得意とする作家だと思っていたが…むしろ歴史やミステリー、サスペンス小説に代表作があるらしい。

そもそも著者はデビュー前に美術館で浮世絵の研究をしていたらしく、同コレクションの既刊には浮世絵論や日本史の考察があるようだが…本書の対談では、主に心霊体験にUFOやUMAといった「ムー」系の話題に終始している。
しかし自身のホラー原体験となった幻想小説や恐怖映画の思い出から対談相手のホラーの源泉を聞き出したり、どのように構想していくかといった作家毎の執筆スタイルを明らかにしている点が実に興味深かった。
それと著者自身が実体験を基に書いた話がトンデモ扱いされた事で、心霊ネタやUFOネタは書き辛くなっているというのも面白かった。

面白いというのは語弊があるにせよ、書評を意識せざるを得ない作家の心情が垣間見えたようで…また連載作品で生じた日時や数字の辻褄を、出版社の校閲部門にチェックされて後から修正する羽目になるといった裏事情も興味深く感じた。
しかしながら最も印象に残ったのは、丸尾が語った“昼間もとにかく全部閉め切っちゃって、その上窓にテープで目張りをして、レコードを大ボリュームでかけて描いていた。週刊誌で連載していたのにアシスタントも使わなかった”という鴨川つばめのエピソードだった…丸尾自身も特異な作風の漫画家であり、他の文筆家とはホラー感覚が違っていたのも興味深い。


関連記事:
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
0
    | books | 2016.08.15 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top