おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
スチャダラパー「WILD FANCY ALLIANCE」

再聴。
最近めっきり音楽とか聴いてなくて、たまには何か流しとくかと思ったら目に入ったのが本作っていうね。
しかし怪談本を買い漁って読み耽ってる時に聴く音楽じゃないよね、つかラップって言葉に依存してる音楽なんだよな…なんて改めて気付いちゃったのは、やっぱり読書と両立できなかったという苦しい言い訳。笑
本当どっちにも集中できないのよ、活字で場面をイメージするのとBOSE&アニが醸す掛け合いリリックの妙に耳が行っちゃうのとで…しかも怪談本なのに笑い話が出てきたり、面白れーなんて不謹慎だけど単に痴情の縺れな話とか怪談じゃない話ばっかり続いて。

これ後で読み返したら全然ちがう話だったりしたら逆にヤバいけど、すっかりオモロラップにヤラレちゃって怖さ半減どころか全滅レベルでかなり台無し。笑
ゴキの怖さとか、これ怪談?って話ですよ…それで読書を諦めて本作に集中しようとしたら既に12曲中11曲目、つまり“ニントスハッカッカ!”で「Little bird strut」に突入して続く若干チルアウト気味のラストナンバー「彼方からの手紙」に和んで終了と。
ちょっと勿体ない聴き方になっちゃったな、でも実際は本作にほとんど気を取られてたんだけど…やはり彼らのリリックでは、僕の中で3本指に入る出来です。


〈スチャダラパー〉関連記事:
【さっき聴いてたCD】スチャダラパー「コンテンポ」| 2007.09.20
【最近聴いたCD】THE HELLO WORKS「PAYDAY」| 2008.04.07
【最近聴いたCD】V.A.「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS」| 2008.07.04
【最近聴いたCD】スチャダラパー「スチャダラ外伝」| 2013.08.02
【最近聴いたCD】スチャダラパー「5th Wheel 2 The Coach」| 2013.08.05
【最近聴いたCD】V.A.「赤塚不二夫トリビュート 〜四十一才の春だから〜」| 2014.04.08
【最近聴いたCD】スチャダラパー「ポテンヒッツ」| 2014.09.18
【最近聴いたCD】スチャダラパー「スチャダラ大作戦」| 2015.02.01
【最近聴いたCD】スチャダラパー「偶然のアルバム」| 2015.05.03
【最近聴いたCD】スチャダラパー「1212」| 2015.05.31
【最近聴いたCD】スチャダラパー「THE 9TH SENSE」| 2015.08.22
【最近聴いたCD】スチャダラパー「WILD FANCY ALLIANCE」| 2015.11.18


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『schadaraparr / little bird strut』(Sound Only)


『PUSH RAP SING Vol.6 彼方からの手紙編』(バンド?名の由来hは宮沢章夫らラジカル・ガジベリビンバ・システムの演目からだそう)
0
    | music | 2016.08.18 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top