ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだ本
戸神重明「恐怖箱 深怪」
福澤徹三「忌談 終」

どちらに収められた話も実話系の怪談で、著者が怪談会を催したり友人知人から聞き集めたりした体験談を基に再構成し文章化したという体裁を取っています。
どちらにしても書名からして不気味だし、恐怖を煽るような表紙も共通してますね…どうにかならないんでしょうか、こういうノリ。
もっとカラッとしたら売れないんですかね、まるで本そのものが呪物みたいで手元に置きたくない感じ。笑
内容は創作物よりは好みですが、子供の頃に読んだような奇譚が僕には理想的で…ほっこりしてない昔話とか「謎の四次元」的なシュールさって、ネットの方が見つけやすいんだよな。笑

さて戸神の「深怪」は初版'15年の竹書房刊、以前ハズレだった恐怖箱シリーズながら分厚くもないのに52話を収録…つまり各話が短い訳で、キレがあります。
個人的には物の怪に仕掛けられる「狂月」と珍しい時空移動系の「置いてけ堀」、土偶絡みの「雪の夜に見たもの」やバンコクが舞台の「クルンテープの青い蝶」が好かったです…ありがちだけど胸が痛む「緑煙」や独り暮らしが怖くなる「ババアがいなくなるように」もゾクゾクきました、でも「タガメ」は生理的にアウトだし「殺しておくれ」は訓話めいたオチが見え見えです。
自称「クワガタ屋」だけに、昆虫採集ネタが特徴的。

福澤の「忌談 終」も初版'15年で角川ホラー文庫刊、最近の本屋は近刊しか置かないのかもなぁ…それとも実は秘かにホラー物がブームだったりするのかねぇ、こちらは忌談シリーズの最終巻だそうで35話を収録。
因みにこのシリーズが怪談実話だけでなく“心理的に怖い話や厭な話を混在させるという方針”であるとは気付いてない時点でスチャダラパーのアルバムを流しながら読んだら、途端に小ネタ化してしまったのが妙に薄気味わるかったです…読み返してみると現代社会の裏面みたいな話は初めから結構あったのに、スチャのオモロラップにかかればホラーも台無しか!

両書とも怪談本としては個人的に一味足りない感じではありましたが、何にせよ怖い話というのは短い方が好いと改めて思いましたよ。
実際は短編レベルの長さでも、やたら勿体つけているような冗長さを感じてウンザリしてくるんですよね…また自分に不向きな話だとしても、1〜2ページ程度だったら我慢出来るし?笑
もしも恐怖ネタ1つで何十ページも引っ張るなら、やはりサスペンスに味付けしたりミステリーの仕掛けを施して読ませるんでしょう…こうした超短編の怖い話に特化した作家には長編作家にはない(別な筋肉)が感じられます、採話か創作かという違いではなく一種バリー・ユアグロー的なね。


〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
【最近読んだ本】戸神重明「怪談標本箱 生霊ノ左」| 2018.05.30
0
    | books | 2016.08.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top