ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「攻殻機動隊 新劇場版」

'15年に公開された、過去のアニメ版「攻殻」全体のプレ・ストーリーといいますか…アニメ版でも劇場版「ゴースト・イン・ザ・シェル」から「イノセンス」という押井監督作品と、神山監督のTVシリーズでは展開や解釈が異なるようなので必ずしも一概には言えないのかもしれませんが。
あるいは過去にガンダムが宇宙世紀という設定から解放されて現在に至る様々なバリエーションを派生させたように、本作から仕切り直して新たな「攻殻」ワールドを展開させる思惑が製作者サイドにあるのかも。
ともあれ冲方丁を脚本に迎えた本作、過去作と今後を繋ぐ意味合いがありそう。

荒巻を「公安9課の猿」と呼んでいるのは例の面々、彼らは若き草薙少佐の直属部隊という訳か…つまり本作は「新たな『攻殻』ワールド」なのね、そもそもトグサが9課入り前から少佐の下にいる時点で既存の「攻殻」とは矛盾する訳で。
大戦が加速させた、電脳と義体ビジネス…技術的陳腐化という企業倫理に、バージョンアップ不可能な義体を装着した人々を救済する義理も理由もないのです。
軍部の大使館占拠と総理爆殺事件、総理と共に爆殺されたクルツ中佐は少佐と同じ孤児院育ちで…両事件に関わる、少佐と同型の義体を持つファイアスターターは何者で何が目的なのか?

義体の遠隔操作と電脳ウィルス、クルツの死を追う少佐に立ち塞がる謎の組織501機関…個人では維持出来ない全身義体、電脳&義体の大幅な仕様変更に伴う深刻なデッドエンド問題。
少佐の出生に絡む因縁と対立を軸に、様々な利権と思惑が錯綜する筋立てとスピード感は如何にも「攻殻」らしい訳の分からなさ!笑
2人の少佐が一騎討ち、っていうのは個の危うさを象徴しているだけなのか…製作から声優まで総入れ換えした本作と過去作との暗喩だとしたら頂けないねぇ、少佐が不細工になっちゃったのは(これが今時風)と思って納得するにしても。

とかいって、坂本真綾の成長っぷりには驚かされましたがね…作画も声も違和感なく継承しているのが癪ではありますが、エンディングを過去のTVシリーズ冒頭へとリンクさせたのはダメ出ししてもイイよね?笑
かつてフチコマからタチコマと名を変えた機体ですが、もしや本作以降をロジコマで名称統一するのかな?
音楽を担当するコーネリアスを菅野よう子と比較するのは気の毒ですかね、しかし元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎を作詞に起用した主題歌は好かったな…坂本真綾の歌声も説得力あるし、ぐうの音も出ませんでした。

後記:Wikipedia情報によりますと、本作の前に「攻殻機動隊 ARISE」という新シリーズが既にあったようで。
クルツも501機関もファイア・スタータも「〜ARISE」の続きで、冲方丁もコーネリアスや坂本慎太郎も含めスタッフ全員が「〜ARISE」からの関係者みたいです。
じゃあ「〜ARISE」って銘打っとけよ、なんか騙された気分だわー。


〈攻殻機動隊〉関連記事:
【最近読んだマンガ】「攻殻機動隊」| 2008.07.24
【最近みた映画】「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」| 2008.08.05
【最近みたアニメ】「攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY ANOTHER DIMENSION」| 2013.02.13
【最近みたDVD】「イノセンス」| 2016.11.27
【最近みたDVD】「ゴースト・イン・ザ・シェル」| 2018.04.15
0
    | animation | 2016.08.19 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top