ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」
V.A.「七つの怖い扉」

このところ、僕は憑かれたように怪談を欲していた…けれども僕が読みたい範囲の怪談というのは、実は非常に限定されていたようだと気付かされるに至った。
小学生の頃に昔話やオカルト雑誌などで味わった感覚を、怪談に求めているのかもしれない…大人になって怪談に惹かれたのも、思えば20代後半に買った小泉八雲の「怪談」だった。
だが怖い話イコール怪談とは限らず、しかも怪談とは言えない怖い話の中にも自分が惹かれる何かがあったりするものだから的を絞るのは容易じゃないのだ。
ただし、ミステリーやサスペンスといった要素が絡む話だけは範囲外らしい。

その事を分からせてくれたのが、先日の徳島の帰りにキオスクで買った「5分で〜」だった…本書は「このミステリーがすごい!」編集部が既刊シリーズから厳選したと謳う20名の書き手による26編を収録しているのだが、どうしても最後に(どんでん返し)を仕込む計算高さが頂けない。
それでも乾緑郎の“土着怪奇幻想譚”「沼地蔵」は好かったし、アウシュビッツをモチーフにした中山七里「オシフィエンチム駅へ」とフクシマ戦犯を狩る高山智史「オデッサの棺」は短編小説として楽しめた。
浮気と思えば予想外のオチという、山下貴光「女の勘」も筆運びが冴えていた。

島津緒繰「ある人気作家の憂鬱」も意外なオチだったが、実際には闇討ちも撲殺も敵わない相手の筈だ…佐藤青南「私のカレーライス」は新井素子の小説を、水原秀策「ベストセラー作家」は筒井康隆「自殺悲願」を思わせる発想に難あり。
桂修司「本当に無料で乗れます」は、星新一ばりの風刺は好いけどキレがない。矢樹純「ずっと、欲しかった女の子」は知恵袋サイトの不快な問答をネタにしたようだ、ただ“子供って、親のことは人だと思ってない”という一文がリアル。
全体としては飛び込み仕事をこなした印象、出来合いのフォーマットにネタを突っ込んで押し出した感じ?

“女優の白石加代子氏による語り下ろし公演「百物語」”のために7名の作家それぞれが書き下ろしたという短編を収めた「七つの〜」は初版'02年の新潮文庫で、単行本化されたのが'98年…にも関わらず今や古典的な作品のように語られている小話が、本書に収録された阿刀田高の「迷路」だと知って驚かされた。
好かったのは時代物2編、宮部みゆき「布団部屋」の得体知れなさと「アギ〜鬼神の怒り」という映画を連想した夢枕獏「安義橋の鬼、人を噉らふ語」…それと情事を匂わせる巧みな描写と書き出しからは思いもよらない結末に意表を衝かれた、小池真理子「康平の背中」も秀逸。

高橋克彦は期待値が高かったせいか肩透かしを食らった気分になり、ありがちな設定で早々にオチが割れた乃南アサにも落胆…鈴木光司に至っては「リング」の荒唐無稽なスピンオフで、正直ウンザリさせられた。
流石に「5分で〜」と比べれば著名な作家ばかりであり、各話ボリュームもあるので読み応えでは勝る。
いずれにしても小説は一種の作法に則った創作である以上、いわゆる実話怪談とは趣きを異にして当然だろう…恐怖にもフィジカル要素であれメンタル要素であれ千差万別の切り口があり、創作だろうが実話だろうが結局は読者の数だけ怖さも違って然るべきなのだ。


〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
【最近読んだ本】戸神重明「怪談標本箱 生霊ノ左」| 2018.05.30
【最近読んだ本】阿刀田高(編)「リアル怪談」| 2018.12.23
0
    | books | 2016.08.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top