ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
田中光常「ペアパンダ」

初版'04年、小学館刊。
作者は、ご存命なら今年で92歳を迎えられているだろう“動物写真の先駆者”で日本パンダ保護協会の会長…本作は、そんな彼のパンダ愛と長い付き合いから生まれたのでしょうなぁ。
世界各地、既にパンダ飼育を行っていない動物園や「四川省パンダ祭り」など貴重な機会に撮影された写真も多数収録されています。
しかし単独で写っているパンダを見慣れてしまったせいなのか、パンダが2頭いるだけで何か妙なのです。
きっと作者は、親子とか兄弟とか友達といったニュアンスをタイトルに込めたのでしょうけど…僕には、見方をズラされた気分です。

見方をズラされた、というのは例えば赤瀬川原平の提示した写真のようだという意味です…具体的に言うと、個体のパンダは愛らしいのに1頭増えるだけで印象が違ってしまうのです。
同じ事をやっていても2頭一緒だと、あたかも「中に入ってるオッサン同士が小声で愚痴をこぼし合ってる」ような存在しない舞台裏を垣間見た気分になるのです…夢を壊されたようでもあり、現実を思い知ったというか(僕は今までパンダに何かを投影して見ていたのか?)といった内面を見せられたようでもあり。
でも、このギャップは不思議と心地好いのです…もしや、これが「ワルに惹かれる心境」なのでしょうか?笑

〈参考画像・パンダ「シングル」〉
ペアパンダ1(←左クリックで拡大表示されます)
〈参考画像・パンダ「ペア」〉
ペアパンダ2(←左クリックで拡大表示されます)


〈パンダ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】山賊「やさぐれぱんだ」| 2009.03.26
【最近読んだ本】ケレン・スー「ふるさとのパンダ」| 2010.06.06
【最近読んだ本】白輪剛史「動物の値段」| 2013.08.16
【最近読んだ本】上野動物園開園120周年記念行事実行委員会・編「動物園で撮った家族の写真」| 2014.06.10
0
    | books | 2016.09.11 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top