おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
林ナツミ「本日の浮遊」

表紙の写真は見覚えがあります、通勤時間帯の自動改札をフワリと通過する少女…本作が出たのは90年代だろうと思ったんですよ、まだ僕が色んな雑誌を読んでいた頃に取り上げられてたんだなという気がして。
でもこれ、青幻舎からの初版が'12年なんですね…そして表紙も含めた写真のほとんどは、その前年に撮影されたのだそうでして。
作者は写真と無縁の人生から何故か写真を素材とするアーティストの助手を務めるようになり、自身のブログにて発表していた写真日記が台湾の出版社の目に留まって刊行に至ったそう。
巻末には台湾での浮遊写真も数点、収録されてます。

'11年の元日から3月末日までの毎日、といっても同じ場所で撮ってる写真もあるのでブログの更新日ベースでという事ですが…ともかく大体毎日、工夫を凝らした浮遊写真をアップしてきた事はお見事でしたね。
この後もブログの更新は続いている筈ですから、目標の「浮遊365日」も既に達成された事でしょう。
撮影の発想としては「モータードライブの連写でジャンプした被写体を撮る」だけに過ぎない訳ですけれど、単に重力と跳躍の揚力がプラマイ0になる瞬間を抑えてもダメなんですよね。
90年代だったら、必死の形相で髪まで浮いてても許された空中浮遊ですが。笑

つまり、浮遊に見えるためには被写体の演技が必要なのです…巻末対談で作者が語るように、実は何度も無茶な体勢で跳んでは着地する繰り返しから得られた結果としての一枚なのです。
要するに映画の奇跡的なワンシーンと一緒で、その場で写りを確かめて出来の成否を判断するなんて実にデジカメならではの芸当。
雑踏などセルフタイマー撮影が難しい場合は師匠の原久路がシャッター係を任され、バルブ撮影などのアイデアを伝授したのも師匠…しかし構図の仕掛けや被写体でもある作者自身のパフォーマンスは、見ていて面白いし感心させられます。
それと自前の衣装ね、特にブーツは対談の話で納得。
本日の浮遊(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | books | 2016.10.06 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top