おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「BACK TO THE FUTURE」

(また観たいな)と思って本作を借りに行った去年は、続編「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の設定年と重なったせいかシリーズ軒並み貸出し中で…そして先日「処刑教室」のマイケル・J・フォックスを見て「摩天楼はバラ色に」を借りに行ったら折悪しく今度はそっちが貸出し中で。笑
それならばと、今回は本作を借りてきた次第です。
劇場で観た時は、感動のあまり(これぞエンターテイメントだ!)と思ったものでした…SFXにロマンスにサスペンス要素と多彩なフックを青春映画に盛り込んで、ここまで完成度が高い物語なんて今後も作られないのではないか?と。

実際、あれほどの興奮を覚えたエンターテイメントは未だにありません…出来の良さでは本作以上の作品もあるのでしょうが、それでも僕の中では今も娯楽映画の頂点に立つ1本です。
ま、当時は製作総指揮のスピルバーグが監督したと勘違いしてたのですけどね!…そして脚本を担当したのもゼメキス監督とは、今回初めて知りましたよ。笑
50年代という設定は「17歳の主人公と両親が同じ年齢になるよう逆算した結果」らしいけど、それが“10代の若者文化が芽生えた時期”だったのは重要です…もしも6〜70年代や40年代が舞台だったら、徴兵が絡んできますからね。

'85年から'55年という30年は、確かに僕の住む町もガラリと変わるでしょう…けれど'85年から'15年の30年は、ウォーターフロント再開発事業のように変貌を遂げたエリアもあったにせよ僕の町は大して変わってはいない気がします。
むしろ携帯電話やSNSといった情報伝達の革新が及ぼした、内面的な変化の方が大きいのではないかと。
ちなみにディズニーは本作の脚本に“母と息子の関係が不純だ”と難色を示したそうで、そこら辺は80年代とはいえ清教徒の国アメリカらしい気もしますね。
しかし逆に、未来の母親が同年齢の息子に惹かれてしまうのも妙にリアルですな?

因みに主人公のスケートボードは、70年代の「ボーイズ・ボーイズ ケニーと仲間たち」「ロード・オブ・ドッグタウン」に描かれた形状と違っています…第二次スケボー・ブームのスラッシーな絵柄で幅広の板って、もう出回ってた?
それと写真の姉が着るトレーナーに「CLASS OF 84」ってプリントしてあるのは「処刑教室」とのダブル・ミーニングって事ですか?
テロリストを軽々しく描けた時代も今は昔、とはいえ本作の細かい演出は未だ色褪せてませんでした…チャック・ベリーのネタから始まる伏線回収タイムには胸が熱くなり、過去改変オチまでアンコ詰まってます!

「ロバート・ゼメキス ボブ・ゲイルによる音声解説」「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』秘密の扉」による視聴は、また改めて。


関連記事:
【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE」(再視聴)| 2016.10.12
【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE PART II」| 2016.10.27
【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE PART III」| 2016.11.15

〈50年代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】杉浦茂「猿飛佐助」| 2009.09.04
【最近聴いたCD】セロニアス・モンク「モンクス・ミュージック+2」| 2009.09.08
【最近聴いたCD】オーネット・コールマン「世紀の転換」| 2009.10.05
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだ本】木寺紀雄「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】サン=テグジュペリ(著)、堀口大學(訳)「人間の土地」| 2010.02.02
【最近聴いたCD】レスター・ヤング「プレス」| 2010.07.01
【最近聴いたCD】ロバート・プラント&アリソン・クラウス「レイジング・サンド」| 2010.07.20
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】山本周五郎「雨あがる」| 2010.10.24
【最近聴いたレコード】ビル・ヘンダーソン「モーニン」| 2011.02.21
【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近聴いたCD】「The Best Of Miles Davis & John Coltrane (1955-1961)」| 2012.11.11
【最近聴いたCD】THE CECIL TAYLOR QUARTET「Looking Ahead!」| 2013.02.24
【最近読んだ本】ジャック・ヴァンス「ノパルガース」| 2013.04.21
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
【最近読んだ本】アルフレッド・ベスター「虎よ、虎よ!」| 2017.12.30
【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
0
    | cinema | 2016.09.21 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top