(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「BEING THERE」

「ピンク・パンサー」のクルーゾー警部役で有名なピーター・セラーズの、晩年の主演作です…邦題は「チャンス」、先日の「リトル・ロマンス」と同じ'79年の映画ですが日本での公開は'81年だったようです。
本作を観たのは思い出せないほど昔の事で、おそらく昼間のTV放送ではないかと…正直「古い時代のユーモア感覚で描いた寓話」という印象しかない割に、不思議と記憶に残っていて。
少なくとも、観たのは共演したシャーリー・マクレーンが後に書いた「アウト・オン・ア・リム」を読む前でした…著書の撮影裏話に(いつか観返そう)と思いながら今に至った次第です。

ピーター演じるチャンス・ザ・ガーデナーは、正確には庭師として働いていた訳ではありません…おそらくは草木の世話をするチャンスを、屋敷の主が好きにさせておいたのでしょう。
物心ついてから一度も屋敷の外に出ず、TVを観て過ごしてきたチャンス…主の死によって否応なしに新たな人生へと踏み出しますが、彼に出会った人々は世間を知らないチャンスの言動をめいめいの尺度で勝手に誤解していくのでした。
最初に出会うのはシャーリー演じるイブ、彼女は富豪の妻で先ず彼の名を“チャンシー・ガーディナー”だと勘違いします…執拗に写るTV画面、これも暗喩?

いわゆる賢人とされる人は往々にして、喩え話をするという事になっています。
実は噛み合っていない会話なのに、老紳士チャンスの超然とした振る舞いから相手は仏教問答のような意味を見出だして彼を特別視するのです…教養ある人々は彼を決して変人とは見なしません、あるいは自らの教養や寛容さを意識させられるからチャンスの言動をユーモアやメタファとして受け取るのかもしれません。
本当は読み書きすら出来ない彼を巡る憶測の渦に翻弄される人々、そしてイブ…観客にも、チャンスが実はTVのように空虚な人物では?と思わせておいて“唯一のチャンス”は人知れず奇蹟と共に去るのでした。

結局、彼は神の御子だったのか…それとも単に軟禁状態のまま老いてしまった私生児に過ぎなかったのか?
シャーリーは「雨の車内で会話する場面の撮影時にピーターが前世を語っていた」と著書に記しています。
実質的には遺作となってしまった作品の、やや神秘的にも捉えられ得る物語の現場でそのようなエピソードがあったというのもまた不思議で興味深いものです。
エンドロールがNG集というのは本作にそぐわなく感じましたが、劇中では感情の起伏を表情に出さないピーターの柔和な笑顔が見られて妙にホッとしました。
人は見たいように見る、そういう事なのでしょうか?

時折トンチキな映像で笑いを誘い、時には彼の言動に意味をもたらすTVの映像は絶妙ですな…また彼の実像を知っているにも関わらず誰からも注目を浴びない人物が貧しい黒人女性である事にも、何かしらの意味を見出だしたくなります。
富豪の遺言「人生とは心の姿なり」は名言ですな。
ところであの頃に女性のマスターベーションを描いたのは、演じたシャーリーも勇気が要ったでしょうが凄いよな!
チャンスが初めて屋敷を出るシーンで効果的に流れた「ツァラトゥストラは斯く語りき」は、CTI在籍時のエウミール・デオダートによる編曲&演奏だそう。


追記:Wikipedia情報によれば、「ホンキー」って言葉は、白人を侮辱する意味のスラングだったのね?
それと“英語タイトルの「Being There」は、ドイツの哲学者マルティン・ハイデッガーの未完の主著『存在と時間』から採られている”んだそうで・・・先日の「リトル・ロマンス」と、偶然とはいえハイデッガー繋がりとは妙な気分です。
0
    | cinema | 2016.10.08 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1007582




    ↑ top