ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「BACK TO THE FUTURE」

再視聴です、今回は先ず「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』秘密の扉」なる趣向から…これは“映画をより深く理解しもっと楽しめるための情報や製作やキャストについての秘密の舞台裏 さらに驚くべき事実を知ることができます”とあったのですが、すべて英文の字幕で説明される上に映画マニア向けの小ネタばかりで余程のファンでもなければ不要な機能です。笑
まぁ個人的には「ブラウン博士が初登場時に着ていた防護スーツはディーヴォの衣装を参考にした」というネタで(へぇ〜)と思いましたが、それ以外は大した事ないので最初の30分ばかり観て止めてしまいました。

で、改めて「ロバート・ゼメキス ボブ・ゲイルによる音声解説」にて仕切り直し…ボブはプロデューサーで、ゼメキス監督との共同脚本執筆者でもあります。
しかし2人によるコメンタリーではなく、これはDVD化に伴い南カリフォルニア大学で行われた公開収録の質疑応答なんですね。
何しろストーリー進行に沿ったコメンタリーではないので、基本的に映像とは無関係に製作秘話が語られるのが残念…まぁ多少は質問の順番などを並べ替えて編集してあるのでしょうけど、やっぱり場面毎に思い出話をしてほしかったかな。
それとロバートも略すとボブなので、紛らわしい!笑

商品タイアップには“コカコーラのビンは変わってない”けれど“ペプシのロゴは変わった”など、変化する消費社会のディテールで30年の時差を演出する意図があったのね…如何にも80年代らしい物質主義的なオチも、むしろ今からは「現代から見た当時の批評」っぽいニュアンスが感じられるのが興味深いです。
オチの後にある続編へのシークエンスは、公開時は予告的な意味などなかったし観てる側も単にネタだと思ってました…だから続編が作られた時は笑っちゃいましたよ、これで本当にエネルギー供給が核融合からコンポストに進化する未来になってたら最高だったけど。笑

製作と監督の2人ボブは設立間もなかったILM社の技術力を信用してなかったので、仕上がったSFXの出来にぐうの音も出なかったそう…まだCGが存在しな時代の光学合成による特撮パートは、多少は不自然な合成部分もあるにせよ文字通りのインダストリアル・ライト&マジックです。
脚本を送った会社の断り状が40通以上になったとか、スピルバーグ「1941」の製作総指揮でコケたばかりから本作では見送る筈だったなど興味深い話題が満載でした。
主人公の父親は50'sファッションも演技も個人的に見所でしたが、俳優の余りに独創的な役作りを抑えるのが大変だったそうで。

そういえばシャーリー・マクレーンの実娘サチ・パーカーの名がクレジットされてましたけど、端役すぎて見分けられませんでした…それと主人公がオーディションで弾いてたギター、ロックナット式トレモロアーム付きのアイバニーズ社製という80年代らしいスペックに思わずニヤニヤ。笑
ちなみにブラウン博士の愛犬はアインシュタイン、もしかして「カウボーイ・ビバップ」でエドが連れている犬も(犬種は違うけれど)アインシュタインという名前じゃなかった?…博士のファーストネームはエメット、略してエドっていうのはこじつけ過ぎかな?笑


関連記事:
【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE」| 2016.09.21

【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE PART II」| 2016.10.27
【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE PART III」| 2016.11.15
0
    | cinema | 2016.10.12 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top