おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近みたDVD | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「COBRA THE ANIMATION TIME DRIVE」VOL.2

先日の「VOL.1」でアーマロイド・レディの記憶にタイム・ダイブ(ドライブ?)したコブラは彼女と出会った時へと漂着、不死身のギロス王の空中城から脱出しました…コブラと組む前は生身でエメラルダ姫な彼女、連れ出したものの再び城へ囚われてしまうのです。
魔導師の奴婆に改造される哀れな踊り子レイラ、酒場の娘パロマもコブラと関わって非情な最期を遂げ…まぁ原作でも悲劇の美女ってのは基本ですからね、無論Tバック系の露出過多なコスチュームもお約束で。笑
魔二童(マニドウ)を倒した過去のコブラは記憶どおりエメラルダを救出し、これで一件落着かと思いきや?

それじゃ単に記憶をなぞっただけなので、結局アーマロイドのレディは消失してしまいました…答えはブラックホールの中にあるッ!という訳で、ここからクライマックス突入なのです。
起伏に富んだストーリーや先の読めない展開は原作並みによく出来てるなぁ、と思ったら本作は“コブラ30周年記念”で企画された“原作の大人気エピソード”アニメ化だったそうで…てコトはコブラ&アーマロイド・レディの野暮い過去って原作由来だったの?笑
メカをCGで動かしてる以外は、80年代のTVシリーズと続けて観ても違和感ない作画レベルでした…こないだのリメイク版「地球へ…」と一緒で、まとめて1巻にしない売り方が厭。


関連記事:
【最近みたマンガ】寺沢武一「SPACE ADVENTURE COBRA THE PSYCHOGUN VOL.1」| 2012.09.01
【最近読んだ本】フィリップ・K・ディック「トータル・リコール――ディック短篇傑作選」| 2013.04.30
【最近みたDVD】「COBRA THE ANIMATION TIME DRIVE」VOL.1| 2016.10.18
【最近みたDVD】「スペースアドベンチャーコブラ」| 2018.02.03
【最近みたアニメ】「スペースコブラ」第1話「復活!サイコガン」| 2019.03.30
0
    | animation | 2016.10.20 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top