ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「BACK TO THE FUTURE PART II」

こないだ21年ぶりに観た「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の続編です、1作目は劇場に行きましたがパート2以降はスルーだったので今回が初視聴なのです…だって続編というのは大概が前作より劣るものだし、あれだけ秀逸だった1作目と比べて勝る映画なんてそうそう作れる筈ないと思っていたのもあってね。
ちなみに美術担当のリック・カーターは“『ブレードランナー』の中の暗い未来のイメージを拭い去るのが大事だった”と語っているけど、車は「ブレードランナー」だしバイクは「AKIRA」です…'90年の本作でも、近未来は未だ「ブレード〜」色だったの?笑

そういや世紀末が近付いて「明るい未来」を信じないどころか嘲笑する風潮って、あったかもなぁ…でも本当は時代に裏切られたような、あるいは期待に応えられなかったような皮相さの裏返しだったのかもなぁ。
そう思うと本作が、当時の自虐的なディストピア願望に流されず「明るい未来」を描いた事こそが最も評価されるべきなのかもなぁ?
最初に2015年のL.A.が雨降りってのも、ビルの谷間から見上げると雲間から陽が射すってのも「ブレード〜」的な未来との訣別を意図したように受け取れます…あのラストの印象的な構図を引用した事は、当時の映画ファンも理解した筈。

ともあれ出だしは前作のラスト、未来へ向かった筈の博士が主人公と彼女を連れてデロリアン・改で飛び発つ場面から…多分ほとんど前作のフィルムを流用してるんでしょうね、ただし後撮り挿入のビフは以降の伏線と言わんばかりですな。
そして'15年のビフにマシンを奪われますが、すぐ戻ってきたので時航装置を使えなかったのかと思ったら彼は消滅しちゃいます…何故か完全に扱いを心得ていて'55年の自分に未来のスポーツ年鑑を渡して来たのですが、その結果として歴史が改変されて時間軸から弾き出されちゃったのか?
'85年に戻った主人公逹、異変に気付き再び過去へ!

って事は、当然ながら前作の自分と鉢合わせる危険があるのです…昨日の自分と今日の自分、どちらも(歴史を元通りにしたい)のは同じというのが絶妙です。
てっきり僕は、この「パート2」全編を未来で展開させるんだろうと思い込んでました…まさかもう一度'55年のセットを組んで、前作をパロディにするとは!
しかも本作は最初から次作「パート3」ありきで構想してたのね、1作目を越えたとは思いませんが本作も前作に劣らぬ出来映えと感心してたのだけど…やっぱ映画って単品でオチ着けてくれないと納得いきません、これなら次作も一緒に借りておくんだったよ〜。笑

今回はマイケル・J・フォックスが20年後の主人公と息子&娘役にチャレンジ、モニター越しに映るニードルズ役の“FLEA”ってのはレッチリでベース弾いてるフリーなんですかねぇ?
本作はコメンタリーなしでした、ちょっとは期待してたんですけど…それから予告編で流れてた、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースによる前作のテーマ曲「Back in time」が一切使用されなかったのは意外でした。


追記:フリーは、やっぱりレッチリのフリーみたいですね、彼は「ビッグ・リボウスキ」にも出てるらしい・・・それと「ロード・オブ・ザ・リング」で有名なイライジャ・ウッドの銀幕デビュー作でもあるようで、カフェのゲーム筐体で主人公に絡む少年の1人だとWikipedia情報にありました。


関連記事:
【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE」| 2016.09.21
【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE」(再視聴)| 2016.10.12

【最近みたDVD】「BACK TO THE FUTURE PART III」| 2016.11.15
0
    | cinema | 2016.10.27 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top