ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたアニメ
「PAPRIKA」

前に観たのは劇場だったか、レンタルDVDだったか…今回は「キングダム」同様パソコンの古いフォルダから見付けたのですが、こちらは10以上に分割された動画ファイルでした。
しかも英語吹き替えで字幕はオランダ語っぽい代物だったので、ほとんど映像だけを追っていたという。笑
本作は確か、今敏監督の遺作だったのではないでしょうか?…監督を知ったのはTVかCS放送で観た「東京ゴッドファーザーズ」で、その本編後に流れた告知で本作に興味を持ったのではなかったかと思います。
もちろん原作が筒井康隆、というのも個人的には大きな理由ではありましたが。

台詞が分からなくても、過去に観ているので大まかには内容を覚えていました。
頭部に装着して睡眠中の個人が見る夢を外部機器に転送する器具、DCミニから発展する騒動を描く本作…パプリカとはDr.チバが他者の夢に介入する際の疑似人格で、先ずは探偵コナカワのカウンセラーというか彼の夢に潜入する水先案内人として登場します。
しかしDCミニは研究段階の技術らしく、上司のシマは会長の前で夢と現実の境界を飛び越えて暴走してしまうのでありました。
つまり夢といっても潜在意識下に抑圧された願望のようなビジョンなんですね、「インセプション」的な。

暴走の原因を究明すべく上司の夢に潜ったチバことパプリカは、所在不明となった開発研究員の関与を疑うのですが…背後には意外な人物が絡んでいて、コナカワが一役買うのあります。
極私的なビジョンである筈の夢が繋がりあって、やがて現実世界に溢れ出す…如何にもツツイ・ワールド全開の躁病的な奇想天外さは可笑しくもあり恐ろしくもあり、しかし活字だからこそ可能な跳躍というか逸脱さを映像化する意気込みは健闘及ばずといった印象。
理性の歯止めが利かなくなった会長の権力的な執着が現実を滅ぼしかけ、それを呑み込んでしまうのがパプリカというのも何かなぁ?

ただし同時に進行するコナカワのトラウマ解消物語は、監督ら製作者の映画に対する思いが込められているようで…もしかして監督は実際に「夢見る子供たち」という次作を構想していたのか、あるいは(子供のように無邪気な夢を大事にしようではないか)といった気持ちを込めていたのか?
パプリカの物語だった筈が最後はコナカワの物語として終わる、この心地好い捻れが不思議な余韻を残すのです…改めて日本語音声で台詞を聞けば、このトリックは解明されるのかもね。
きたろう&大竹まことソックリなキャラは、やはりご両人が声を当ててたのか?という点も気になります。
近々レンタルしてきて、台詞中心に観直そうかな?笑 (【2017.01.01】)


〈筒井康隆〉関連記事:
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01

〈今敏〉関連記事:
【最近読んだマンガ】大友克洋「AKIRA」6巻| 2013.02.25
【最近みたDVD】「東京ゴッドファーザーズ」| 2013.12.05
【最近読んだマンガ】「老人Z」| 2014.04.12
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近みたDVD】「千年女優 CHIYOKO MILLENNIAL ACTRESS」| 2017.01.02


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『パプリカ(アニメ映画) 予告編』
0
    | animation | 2016.11.09 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top