ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」

初版'07年、これまた竹書房の恐怖箱シリーズなのね…でもまぁ、表紙カバーが全然おどろおどろしくないのは非常に好いですな!笑
収録作の数は実に61編、16名の著者による「超−1/二〇〇七年大会」の傑作選だそうで…そもそも“「超」怖い話”というのは雑誌なのでしょうか、ともあれ公募によって集まった約400もの実話怪談を講評者だけでなく応募者自身も加わった相互講評で選り抜いた作品群のようです。
“昨年の分と合わせて、たった二年で早くも千話の大台にリーチが掛かっている。「超」怖い話は千話集めるのに十七年掛かっているのに”とは、編者の弁。

本書は“互いを認め合った好敵手同士である応募者達が、残すべき作品として最も強く推した作品群を優先して収録している”のだそうですが、そう書いちゃってから次巻の刊行予告をする辺りに実話怪談ファンの中毒気質を知り尽くしている余裕が感じられます。
また興味深いのは、巻末へと向かうほど話がドロドロしてくるんですよ…つまり応募者達が高評価した話ほどホラー要素が低いんですね、定型に囚われないユニークな怖い話が支持されているというのは面白いな。
実は怖い話って定型で成立してるんですよ、ある意味マンネリと突拍子もない飛躍との案配が肝なんです。

その事に気付かされたのは、まるで定型を台無しにするようなシュールさを伴った本書の作品群によってでした…足首を掴む手、幽体離脱などお定まりのフォーマットから語り出して何故こうなるの?というオチ。
それと謎の手紙や全裸で四つん這いの男など、定型ではないにしても以前どこかで読んだ話と共通するタイプが持つ「二度目の怖さ」は新鮮な発見でした…独創的な故にフィクションと見なしていた話に類型を見付けると、却って実話と裏書きされたような恐怖を掻き立てられてしまうのです。
筒井康隆の「ふたりの印度人」を思わせる話や、先日の「白いへび眠る島」っぽい話も好み。

どこかネットロアっぽい怖い話も、遠藤ケイっぽい風土感のある土着的な話も好いです…やはり語りの上手さは怪談の質を左右しますね、その点では全体的にハズレなしといった印象でした。
ゆっくりと息を吐く歌手の呼吸法よりも、一気に吐き出す武術家の呼吸法の方が“あやかしを寄せ付けない”といわれると根拠はなくても説得力を感じます…思えば僕も無意識に、厭な感じの人と行き合った時とか不快な気配を感じた時に強い息で祓っていたのでね。
実際どうなんでしょう、でも鰯の頭も何とやらで自分の信念が自分の世界を作り出しているって事かな?


〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
【最近読んだ本】戸神重明「怪談標本箱 生霊ノ左」| 2018.05.30
0
    | books | 2016.11.19 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top