ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
よしながふみ「ソルフェージュ」

作者はBL同人誌出身の漫画家だと、知ってはいたものの本作は随分と色濃いな…初版'04年の白泉社文庫、商業誌デビューの翌年から'97年までの3年間にBL専門誌(?)に掲載された作品とあれば仕方ないか。
初出年代順に並べ直すと「昨日よりいつも違う日」「すこしだけ意地悪な告白」「本当に、やさしい。」「パンドラ」そして表題の連作5編、ある程度ボカシた描写ながらも男同士の濡れ場は抜かりなくあります。
ノン気の男性読者には違和感ありまくりですが、逆にその嘘臭さからBLという女性特有の妄想を読み解く格好のテキストには成り得るのかもしれませんなぁ。

時系列で作品を見ると、'95年の「昨日〜」と「すこし〜」はBLで捻ってはあるけど軽い少女漫画のフォーマットなんです…それが'96年の「本当に〜」や「パンドラ」ではドラマに奥行きが出てきて、表題作で現在に至る特徴的な作風が完成されているんですね。
この'96年から'97年の差は、何なんでしょうな?…BL誌ですから絡みはしっかりありますが、登場人物たちの存在感が増してます。
ストーリーの流れで与えられた役柄に過ぎなかったキャラが、能動的にストーリーを牽引しているような…話の組み立て方そのものに違いを感じるのですよ、女性キャラも出てくるし。笑

表題作1話目のラスト、まだ中学生の田中を久我山が大人のように意識していたと気付く件(くだり)は上手いなと思いました…一旦そこで落としつつ、次への布石にもなっているという。
そして最終話のクライマックス、田中の長台詞“先生への気持ちが/恋だったのかどうか/十年考えた/他の奴とも寝てみた(中略)けど/分かった事が/一つだけあるんだ/先生は人の人生/変えるくらい/すごい音楽の先生だよ”には泣かされてしまいました…ちょっと「エンドレス・ラブ」を思い出しましたけどね、もう前年までの作品とは山ひとつ越えちゃった感じ。
本当に作者は同一人物か?

というのはですね、改めて見直してみたら表題作で画力が下がってるんですよ。
'96年までの作品って、後々の作品と繋がってるんですけど…表題作5編では所々に違和感があるんです、まるで過去のタッチに似せて描こうとしたようなね。
単純に「アシスタント入れ替えました」っていう事だったのかもしれません、故に不慣れさが画面に出てしまったと言われれば(そうなのか)とも思いますけど…キャラのデッサンや表情とかって、スミ入れ以前の問題なんじゃないかなぁ?
いずれにしても「ソルフェージュ」5編は、プロフィール上の分水領といえる作品群ではないでしょうか。


関連記事:
【最近読んだマンガ】よしながふみ「彼は花園で夢を見る」| 2009.07.16
【最近読んだマンガ】よしながふみ「こどもの体温」| 2009.10.13
【最近読んだマンガ】よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」1巻| 2009.10.26
【最近読んだマンガ】よしながふみ「フラワー・オブ・ライフ」1巻| 2010.06.10
【最近読んだマンガ】よしながふみ「きのう何食べた?」1巻| 2011.02.01
【最近読んだマンガ】よしながふみ「愛がなくても喰ってゆけます。」| 2012.04.26
【最近読んだマンガ】よしながふみ「愛すべき娘たち」| 2013.12.13
0
    | comic | 2016.09.29 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top