Voyage of Prayer―祈りの旅
Voyage of Prayer―祈りの旅 (JUGEMレビュー »)
今西 勇人
祈りの姿勢は、手を合わせ目を閉じる形だけではありません…人が祈る姿は千差万別なのに、祈るという行為やその思いには共通性が感じられるのです。
宗教の奥にある、世界じゅう一人ひとりの心の静けさに。
紹介記事【2016.09.06】
チャンス [DVD]
チャンス [DVD] (JUGEMレビュー »)

「人生とは心の姿なり」
シャーリー・マクレーンは、本作の撮影中にピーター・セラーズが前世について話した事を著書「アウト・オン・ア・リム」で書いていました。
それを意識したせいでスピリチュアルな印象を受けましたけど、むしろ本作の笑いはそうした見方にあるような。
無知な老人チャンスが教養人を翻弄するシュールな寓話、ですが予想外に可笑しいのです。
紹介記事【2016.10.08】
逮捕しちゃうぞ [DVD]
逮捕しちゃうぞ [DVD] (JUGEMレビュー »)

藤島康介が原作の、婦警コンビが活躍するOVAです。
図々しいまでに快活な夏実と大人しそうで冴えたドラテクの美幸、という動と静のバランスは同じ原作者の「パラダイスレジデンス」を思わせますが。
この後に続く同名のTVシリーズにはない凝った実車ディテールや派手なカー・アクション、まだ昭和の気配が色濃い東京の風景は90年代のトレンディ・ドラマっぽいけど…ま、肩の凝らないノリが好い案配なのです。
紹介記事【2016.08.21】
となり町戦争 (集英社文庫)
となり町戦争 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
三崎 亜記
2016年に読んだ小説から一冊を挙げるのは本当に悩みましたが、本書は外すことが出来ません。
デビュー作でこれって、凄すぎない?
ちょっとシュールでフワフワとした空気の中、自治体行政の地域活性化という名目で遂行されているらしき戦争…“僕”が聞く唯一の銃声は終戦を告げる号砲で、これは「地獄の黙示録」で引用されていた詩の一節“これが世界の終わりのすがただ/ドンともいわないで、すすりなきのひと声で”を連想させます。
文庫の表紙カバーに惹かれたのですけど、これが衝撃的な場面とリンクしてたとは…戦争とは銃器や死体ではなく、本質は経済の真の顔なのだと実感しました。
紹介記事【2016.11.13】
Yesterday,Yes a day (フラワーコミックス)
Yesterday,Yes a day (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
話の舞台が共通する「雨無村役場産業課兼観光課」も好かったけれど、個人的には先に読んだ本作の方が好みかも。
地方暮らしの女子高生とか恋愛未満のリアリティが新鮮、この年頃だって恋愛が日常の中心にある訳じゃないんだよねっていう。
紹介記事【2016.03.30】
Eagle Has Landed: Live
Eagle Has Landed: Live (JUGEMレビュー »)
Saxon
どう見てもビジュアルが「スパイナル・タップ」そのものですが、当時の僕にとってはAC/DCの「BACK IN BLACK」とマイケル・シェンカー・グループの「MSG」と並ぶHR/HM愛聴盤でもありました。
でも他のメンバーはあんまりメタルっぽい出で立ちじゃなくて、ストラト遣いのポールは野球帽かぶってたし…ぶっちゃけボーカルのビフ以外はギブソンSG遣いのグラハムも当時は滅多に見かけなかったプレベ弾きのスティーブも見た目がオッサン臭くて、そういうビジュアル無視な姿勢が僕には却ってシブく思えたのです。
意外にロックンロールしてるベースラインや無駄に手数はないけどツーバス並みに速いドラムスやメタルにしては珍しいワウペダルを使ったギターソロなど今でも充分カッコイイ!
リフ中心とはいえメロディアスなフレーズも織り込み、改めて聴くと楽曲構成も隙がないなと感じました。
紹介記事【2016.02.27】
アイアン・スカイ [DVD]
アイアン・スカイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

2018年、月からナチスが攻めてくる?!
パルプSFテイストにシニカルなユーモアを絡めた、おバカ路線のB級映画。
フィンランド人がサウナで酔っ払いながらアイディアを出し合い、製作費のうち約1億円をカンパで集めたというフィンランド・ドイツ・オーストラリア合作。
ほぼ全編ブルーバック撮影というレトロ活劇「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」と併せてオススメします、もちろん両作品とも特撮だけの映画じゃあありませんよ?
紹介記事【2016.04.16】
忘れられた日本人 (岩波文庫)
忘れられた日本人 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
宮本 常一
本書は主に、対馬や周防大島や伊予といった西日本の村落で聞き取った話から構成されています…本業の傍ら、農家に泊めてもらうので米を持参で戦時中も日本各地を歩いて回ったそう。
正直、読み始めは部外者が首を突っ込んでいるような取っ付きにくさを感じたのですが…間をおいて開いたら、妙にスラスラ入ってきました。
何だか不思議です、本書自体が村の古老のようで…この深い根っこに繋がるような安心感、古臭く陳腐な表現ですが「元気が出る」のです。
紹介記事【2016.06.21】
幻想水滸伝III
幻想水滸伝III (JUGEMレビュー »)

明代中国の伝奇歴史小説「水滸伝」をベースにしたRPGシリーズの1つで、本作の特徴は同じ物語を複数の主人公を通じて体験するという趣向です。
今回は商業国家の騎士団長、名門貴族のクリスでプレイ…以前にプレイした平原部族の少年ヒューゴや大国の傭兵を率いるゲド隊長と違ってしがらみだらけの気丈な女性。
商業国家と平原部族の対立に乗じて領土拡大を画策する大国と、裏で暗躍する一味…シリーズの他作品は知りませんが、異世界クライム・サスペンスといった感じ?
絶対悪など存在しない、なんて分かってはいても相互理解は難しいというね。
小説や漫画などとは異なる、RPGという形式ならではの物語を味わえます。
紹介記事【2016.06.29】
イノセンス スタンダード版 [DVD]
イノセンス スタンダード版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作「ゴースト・イン・ザ・シェル」から引き続き押井守監督が描くは、攻殻機動隊のバトーとトグサが挑む「暴走ガイノイド連続殺人事件」の顛末。
そして、ネット上の全一となった少佐こと草薙素子を、もはや見つめる事も触れる事も叶わないバトーの愛の物語でもあります。
重厚なCGアニメで表現される電脳社会の、二重の意味で人工的な儚さ…「私」や「貴方」の定義とは何か、肉体は自由の枷なのか。
前作のラストで少佐が言っていた“2501…それいつか、再会する時の合言葉にしましょ”という台詞を覚えていると、ちょっと感動的かもしれません。
紹介記事【2016.11.27】
二週間の休暇 (MouRa)
二週間の休暇 (MouRa) (JUGEMレビュー »)
フジモト マサル
まるで村上春樹ワールドの絵物語、といったら失礼でしょうか…あの読後感を簡易化して視覚的にまとめたような一冊、安直すぎるオチも却って心地よく感じられました。
うぐいす色と黒の二色刷り、計算されたコマ割りとアングル…奥付けページの縁に這わせたカマキリに至るまで、ちょっと手元に置いておきたくなります。
紹介記事【2016.02.04】
パートナーズ・イン・クライム
パートナーズ・イン・クライム (JUGEMレビュー »)
ルパート・ホームズ
1曲目「Escape (the pina colada song)」は、ケイト・ブッシュの「Babooshka」と対になるようなシチュエーションを歌っていながらライトで喜劇的な展開…また「Answering machine」ELOの名曲「Telephone line」と対になるような、どこか惚けた味わいのある留守番電話の歌なのです。
フェイズ・ギターに'79年リリースという時代を感じます、今でこそ好きな音ですけど十代の頃は中途半端なエフェクト感が気持ち悪かったので一概にオススメとは言い難いのですが。
紹介記事【2016.01.23】
クン・パオ! 燃えよ鉄拳〈特別編〉 [DVD]
クン・パオ! 燃えよ鉄拳〈特別編〉 [DVD] (JUGEMレビュー »)

本当にね、どんだけ買って観てんだ僕は!
70年代のB級カンフー映画を元にデジタル処理で大胆に改変、正直この笑いは人を選ぶと思います。
実際、ちょっとオススメしにくいコメディです…特にCGパートなんて、全然オススメ出来ませんけども。
音声バリエーションの豊富さで、何度でもどこかツボにくるのです僕は。
紹介記事【2016.06.19】
図説 国旗の世界史 (ふくろうの本)
図説 国旗の世界史 (ふくろうの本) (JUGEMレビュー »)
辻原 康夫
いつもながら面白い、河出書房新社の図説シリーズ「ふくろうの本」の一冊です。
紋章学の見地に基づいて、色遣いや図柄で世界各国の国旗を分類すると…割と知ってる国旗の雑学レベルから歴史的な成り立ちが見えてくる、この切り口が実に面白い!
本来は支配者の紋章であり権力への服従を意味していた「旗印」が、フランス革命から民衆の団結や社会の理想を表明するように…赤青白で構成された国旗を“民主主義国家の旗印にふさわしい配色という固定観念”と断言し、9・11後の「SHOW THE FLAG」を“恫喝的スローガン”とブッタ斬る著者は本書自体も“疑問の解明に寄与するとは到底思えない”と切り捨てますが。笑
「世界史を読みたくなる」歴史ネタの雑学本、として辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」と併せてオススメします。
紹介記事【2016.11.24】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
辻原康夫「図説|国旗の世界史」

初版'03年、河出書房新社「ふくろうの本」の一冊です…いつもながら、この図説シリーズは面白いなぁ!
国旗の色遣いや配色パターン、図柄やその配置場所といったデザインの特徴を紋章学の見地に基づいて分類したり解説したりするというね…こうザックリまとめちゃうと面白味が伝わらない気がするんですけども、割と知ってる国旗の雑学レベルから歴史的な成り立ちが見えてくるんですよ。
象徴的な図柄を最初に標識として用いたのは紀元前34世紀頃、古代エジプトだったとか…それが布と旗竿という形式で掲揚されるようになったのは、紀元前12世紀の古代中国(周)からだそうで。

それがシルクロード以前に伝播したのか、あるいは同時多発的に発想されたのか…ヨーロッパでも古代ローマ帝国を経て文字通り十字軍の「旗印」となって、後の紋章学へと発展します。
そして以降も、旗は支配者の紋章であり権力への服従を意味していたのでした。
しかし18世紀末のフランス革命を機に、民衆の団結や社会の理想を表明するという文字通りの「色合い」が生じてきて…社会主義国の赤旗やイスラム諸国の三日月と星のデザイン、北欧諸国の十字旗やアフリカ諸国のラスタカラーなど歴史的または文化的な価値観の共有を如実に表す国旗も少なくない今に至る訳です。

台湾を含め193か国の国旗に使われている色を集計すると、8割近くが赤と白を取り入れているそうで日本のように紅白二色だけの組み合わせは13か国…そしてフランスに代表される赤青白で構成された国旗は星条旗も含めて31もあり、それは“民主主義国家の旗印にふさわしい配色という固定観念”によるものだと著者は断言してます。
ちなみに国旗の色を色彩標準規格で定めている国もあるようですが“抽象的であいまいな表現に基づいて作製している国が大半”で、素材や技術によって発色が異なってくる現実的な要因を考えれば厳密に規定しないのは“むしろ理にかなっている”といえます。

ヨーロッパや中東の国々においては特に、歴史的指導者や権力者の家柄を示す色や図柄が国旗に潜んでいるようで…フランスの三色旗も実は「赤(フランク王国)+白(ブルボン王朝)+青(カペー朝)」で、元々はフランス革命で将兵の帽章に採用されたトリコロールが「自由・平等・博愛」と真逆に解釈されている点に国民国家の表裏を感じます。
また同じ白・青・赤でもオランダ国旗に由来する凡スラブ旗はロシアなどスラブ人国家を象徴する三色旗であり、緑・黄・赤の配色(凡アフリカ旗)と「ブラック・パワーの父」が提唱した赤・黒・緑の配色(ガービー旗)はアフリカ諸国に広まりました。

白・黒・赤(・緑)の4色ないし3色はアラブ諸国の旗に共通する配色で、これまた「白(ウマイヤ朝)+黒(アッバース朝)+赤(ハシミテ家&オスマン朝)+緑(ファーティマ朝)」なのです…オスマン帝国とハシミテ家のシンボル・カラーはどちらも赤ですが歴史的には敵対しており、イギリスの工作員ロレンスに助けられオスマン帝国から独立を果たしたハシミテ家のヘジャズ王国が凡アラブ旗を最初に掲げたという経緯からして赤の意味合いは微妙。笑
旗色ひとつでも政治なのですな、国民が信じたい意味とは無関係な駆け引きやら権力者のスポンサードが頭の上に翻っている訳です。

本書では現存する国家に限らず州旗や過去に存在した国の旗など、なかなか目にする機会のない旗も数多く図版で紹介されています。
またヨーロッパ紋章学という観点は、国旗の意匠が未だ貴族社会の因襲によっている事を感じさせますね。
国旗の縦横の比率は国によってまちまちで、実は“最も一般的な二対三比率を採用している国は、日本をはじめ八七ヵ国と、半数に満たない”とは意外でした。
著者はあとがきで、9・11から喧伝された「SHOW THE FLAG」を“恫喝的スローガン”とブッタ斬り…更に“疑問の解明に寄与するとは到底思えない”と、本書自体もブッタ斬るとは見事!笑

あと「幻想水滸伝掘に登場する国のゼクセン連邦はサクソン人の領地だったドイツの地方に由来し、ハルモニア神聖国の地方都市カレリアはロシア連邦とフィンランド国境付近の名に由来してたのね?
幻水3ゼクセン&カレリア旗(←左クリックで拡大表示されます)


関連するかもしれない記事:
【最近読んだ本】弓削匡純「国のうた」| 2012.06.28
【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24

〈ふくろうの本〉関連記事:
石井正己「図説|遠野物語の世界」| 2008.03.04
西尾哲夫「図説|アラビアンナイト」| 2009.10.21
岩田託子、川端有子「図説|英国レディの世界」| 2013.09.24
ダーリング・ブルース、ダーリング・常田益代「図説|ウィリアム・モリス」| 2013.11.05
栗生沢猛夫「図説|ロシアの歴史」| 2015.05.10


以下、個人的メモ&メモ画像
【赤】
赤旗はロシア革命によりソビエトが発足してから労働者革命のシンボルとされてきたが、元はフランス革命の際にブルジョア階級側が軍を動員する合図だった…そうした弾圧に民衆が「我らこそが主権者である」と対抗して赤旗を掲げた事で反体制の象徴にすり替わり、更に1871年のパリ・コミューン成立と同時期に勃興した社会主義運動の流れから赤旗は現代の位置づけとなった。
だがそれもソビエト崩壊から再び“民主化や自由主義を威圧する反動的シンボル”へと変容し、皮肉にも当初の体制色といった意味合いを取り戻しつつある。
またイスラム教国の場合は1793年にオスマン帝国が採用した赤旗に由来し、ハシミテ家の色であり聖戦を意味するという。
それ以外の、つまり社会主義ともイスラム教とも無縁の国々で採用される場合には大抵「独立で流された市民の血」といった意味がある。
図説|国旗の世界史_1(←左クリックで拡大表示されます)

【青】
青を主色とする国旗のうち“かつて国連の信託統治領であったか国連暫定統治がなされた地域、ないしは独立達成や紛争解決に調停案などの国連支援策が奏功した国”は、国連旗に由来するサルビアブルーを採用している。
またEUやNATO、イギリス連邦やASEANといった地域機関や国際機関の旗にも積極的に採り入れられる傾向がある。

【緑】
緑色の国旗は乾燥した国土を持つ国々に多く、またイスラム教のカリフが纏った色であり北アフリカ一帯を従えたファーティマ朝の色ともいわれるためイスラム圏では宗教的な意味を持つ。

【黄・オレンジ】
黄色の旗はブッダの巻衣の色とされる事から仏教国で好まれ、古代中国で陰陽五行説に基づく黄帝(皇帝)色とされた影響は東南アジアにも及んでいる…ヒンドゥー教でもラクシュミを象徴する色であり、サフラン・イエローはヒンドゥー教のシンボル・カラー。
しかしキリスト教ではユダの着た服の色とされ、過去にはユダヤ人を識別する差別的な意味で用いられたという。
またアフリカの一部では、黄色やオレンジ色を乾燥した気候の反映として国旗に組み込んでいる。
図説|国旗の世界史_2(←左クリックで拡大表示されます)

黄・青・赤のグラン・コロンビア旗はスペインの植民地だった南米北部の独立運動から生まれた三色旗で、今も中米5か国の国旗は中央アメリカ連合旗に採用されていた名残りの青と白が共通色となっている。
図説|国旗の世界史_分類(←左クリックで拡大表示されます)

【カントン】
星条旗のように旗竿側の左上に別枠を設けた旗図形をカントンと呼び、紋章学では“盾紋部の左上に配される方形の幾何学図形”を指す…カントン旗は17世紀初頭の英国でグレート・ユニオン旗と同時に考案された海上船舶旗が最初で、大英帝国の植民地旗の基本意匠として採用された。
図説|国旗の世界史_カントン(←左クリックで拡大表示されます)

【十字(X十字)】
グレート・ユニオン旗はイングランドの聖ジョージ旗とスコットランドの聖アンドリュー旗という2つの十字旗を重ね合わせた図柄で、19世紀初めにアイルランドを併合すると更に聖パトリック十字旗が重ねられてユニオン・ジャック旗がグレートブリテン・アイルランド連合王国の国旗となった…ちなみにウェールズ旗が反映されていないのは、既に16世紀からイングランドと一体化していたからだという。

十字形はキリスト教の固有デザインではなく、古代バビロニアの天神アヌの象徴でありインドではビシュヌ神の卍紋など各古代文明においては信仰の対象とされてきた。
キリスト教のシンボルとして十字が広まったのは、326年のローマ帝国に「コンスタンチヌス大帝の母がエルサレム巡礼の途でキリスト磔刑の十字架を発見した」と伝わって以降だという…11〜13世紀の十字軍遠征における識別標識や船舶旗に使用された十字旗は、後にマルタ十字やロシア十字など様々なバリエーションを生み出していった。

十字の縦軸が中心点から旗竿寄りにあるスカンジナビア・クロスは“現存する国旗のなかでは最古の歴史を誇る”という、デンマークの布という意味のダンネブロが起源とされる。
“フィンランドを除く近年までの北欧諸国は、バイキングの子孫といわれたデンマークの支配下、勢力下にあり、歴史的にも文化的にもその影響を強く受け継いできた”そうで、フン族の国であり20世紀に入って独立したフィンランドは脱ロシア志向と北欧への連帯を国旗で示している。
スカンジナビア十字は意図的に縦軸を旗竿寄りに描いたのではなく、旗尾を長く伸ばした燕尾スタイルの軍旗が好まれた結果だという。
図説|国旗の世界史_十字(←左クリックで拡大表示されます)

【円形】
円形旗を最初に国旗として定めたのは日本で1854年、第二次大戦後の独立ラッシュでアジア諸国にも多くの円形旗が採用された…北朝鮮と韓国の場合は中国の太極理論に由来し、韓国旗の四隅の棒線も中国の易学に由来する卦の符号である。
図説|国旗の世界史_円形(←左クリックで拡大表示されます)

【具象的図形】
紋章学が確立されたのは12世紀後半で、旗の紋章に描かれる動物では獅子と鷲が圧倒的に多い…紋章学では左横向き左片足立ちの獅子は「ライオン・ランパント」、正面向きの横歩き姿勢は「パッサント・ガーダント」という名称がある。
しかし獅子像は王権のシンボルであり、近代国家が続々と建国した19世紀後半からは伝統的な地域旗を除いて姿を消していった。
古来、獅子に次いで多かった鷲の記章はオーストリア/北イタリア/ポーランド/ロシアに多く、獅子記章圏はベルギー/デンマーク/イングランド/スコットランドに多かった…単頭の鷲はイベリア半島に定住した西ゴート人が起源といわれ、東ローマのビザンチン帝国に由来するとされる双頭の鷲章は神聖ローマ帝国/オーストリア帝国/ロシア帝国へと受け継がれた。

また獅子と鷲に並ぶ三大チャージ(具象的図形)の1つ、白ユリ紋はフランス歴代王朝の家紋であり古代オリエントやクレタ文明でも用いられてきた。

紋章学において人体モチーフは珍しくないが、国旗では僅かしかない…英国植民地時代の旗と米国の州旗に見られる人物像とでは、片や白人侵略者の偶像であったのに対して片や新大陸の開拓者を顕彰する意味で主旨が根底から異なっている。
図説|国旗の世界史_3(←左クリックで拡大表示されます)

【合体旗】
南アフリカで1994年まで使用されていた国旗には、中央に3種の小旗が描き込まれていた…最初に入植したオランダ系ボーア人と、ダイヤモンドの利権戦争を経て自治領とした英国系との民族融和を体現した合体旗は66年間も南アの象徴だった。
図説|国旗の世界史_紋章
(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | books | 2016.11.24 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1007636




    ↑ top