ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
惣領冬実「エデンで会おう」

作者は80年代の少女コミックに登場した、秋里和国に続く(白い漫画)の系譜に連なる作家という印象があります…まぁ(白い漫画)といえば吉田秋生以降の流れに属するのでしょうけども、作者の硬質なタッチながら少女漫画らしい端正なキャラはインパクトありました。
ずいぶん前になりますが、確か「EDEN」(→「ES -Eternal Sabbath-」でした!)という題名のSFを読んだのを思い出しました…正確なタイトルは違っていたかもしれませんが、後に吉田の「BANANA FISH」を読んだ時も「EDEN」(「ES」)を連想したのです。
初めて読んだ「ボーイフレンド」といい、作者はシリアスな話を描くイメージがあったので本作は意外でした。

'92年に掲載された表題作は紡たくっぽいキャラ顔で、しかも作者の自伝的な内容…時は'74年から'76年、美大付属高校で送った若き日々を回想しています。
僕にとって、今は無きデザイン科を思い出させる面もあり…そして60年代を引きずっているような時代背景も興味深いです、しかし思っていたより作者はデビューが遅かったんですな?
“絵が全然描けんのなら/諦めもつくけど/厄介なのははんぱに/描けたりするから/妙なこと夢みたり/するんよ”という台詞に、ちょっと懐かしい痛みを感じたりもしました…ただ少なくとも僕は、特に悩んで描いてはいなかったけど。

併録の「サボテン」「ペカンナッツのパイ」「月蝕」は、'93〜94年に掲載された花と雪生の三部作です。
母親の夢を背負わされてヴァイオリンを習うも従姉妹の沙也と常に比較される、おっとりキャラで世間知らずの花…雪生は名うての女泣かせ、彼にしてみれば束縛に変わる女性の欲から自由でいたいだけなのです。
“昨日 満足できたことが/今日は満足できそうにない/昨日幸せになれたことが/今日は幸せになれない/目を覚ますたびに思う/あたしは歪んでいってるのか/それとも/整っていってるのか”
情熱と嫉妬、そして母性…掘り下げますな、痛む程。

“月は星を産むために/まん丸に満ちて/そうしてはち切れんばかりに/ふくらんだ月は/静かに夜空に星の子供達を/ばらまいてゆく/その身をけずりながら……/だから夜空は/何百年も何千年も/真っ暗にならずに/すむんだって”
花と雪生の三部作は表題作ほど軟らかくもなく、とはいえ「ボーイ〜」ほどは硬くもないタッチが程好い感じです…まぁ花が抜けてて可愛いらしく描けているせいかもなぁ、他キャラは昔の冷たい顔立ちなんですが。
「月蝕」は構成が特に見事ですね、月が比喩として上手く機能しています…個別に完結しているのも流石、初版'13年の小学館文庫。
0
    | comic | 2016.10.05 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top