ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近読んだ本
片岡義男「缶ビールのロマンス」

再読です。
久しぶりに著者の小説が読みたくなって、捜してみたら本書しか見当たらず…といった消極的な理由で読み返してみたのですが、やっぱり「頬よせてホノルル」のようなハワイイを舞台にした小説が読みたかった!
本書に収められた7編は、どれも捻られた男女のシチュエーションなんですね…もっとライトでシンプルな、あるいは恋愛未満のストーリーが好かったけれど。
「粉雪のつらく降るわけ」と「ある日の真夜中」は3股かけてた男の悲喜劇で「男友だち」は不倫の話と、それでもドロドロしないのは流石ですが肩の凝らない設定とは言い難いのです。

表題作も恋人を焦らす意地悪な男の話ですし、たまたま2年ぶりに会った男女の「僕と寝よう」は男の露骨な口説き方が何とも…「さようならの言いかた」はバイク事故で死んだ男を巡る恋人と親友との色恋抜きの物語で、「エクストラ・ドライ」は新婚初夜の話。
相変わらず具体的な状況を細かく指定する文体は映像的で、読者の想像力に委ねる余地は小さめです…ただし本書は状況に語らせるプラグマティックな作風とは少し違って、男女のドラマをずばり描こうとしている短編集という感じがしました。
これはこれで楽しめるのだけど、今はこういう気分じゃなかったんだよなぁ。笑


〈片岡義男〉関連記事:
【最近読んだ本】片岡義男「名残りの東京」| 2009.11.21
【最近読んだ本】片岡義男「頬よせてホノルル」| 2010.02.25
【最近読んだ本】片岡義男「今日は口数がすくない」| 2010.03.09
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」| 2011.10.29
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」| 2012.01.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」| 2013.08.01
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」(再読)| 2017.11.09
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」(再読)| 2018.01.31
【本日の脳内BGM】1982年 パイオニア ロンサムカーボーイ(60秒)| 2018.06.19
【最近読んだ本】アーヴィング・ペニグ(著)、片岡義男(訳)「メシア・ストーンズ 聖なる石をもとめて」| 2018.09.12
【最近読んだ本】片岡義男「波乗りの島」| 2019.04.24
0
    | books | 2016.12.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top