おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS2ソフト「バギーグランプリ〜かっ飛び! 大作戦〜」
「エディット・レーシング」
「爆走マウンテンバイカーズ」
「ラリーショックス」

PS2本体を甥っ子にあげて暫く経ちました、最初は「ドラクエ5」に夢中だった彼らも少々飽きてきたらしく…しきりに「他のソフト貸してー」と来るので、対戦機能のあるゲームソフトを色々と貸し出しては夏休み中の甥っ子たちと2P対戦で遊んでおりました。
本体にはコントローラーの挿し込み口が2つあるので、2人プレイ仕様にはなってたんですけどね…ゲーム好きな人が周囲にいなかったし、甥っ子たちとは好きなゲームのカテゴリーが合わないと思っていたので。
でも甥っ子たちにカーレースのゲームを貸してみたら意外に好評で、思わず一緒になって遊んでました。笑

「バギー〜」は車体がラジコン・カーで、低い視点が特徴のレースゲーです…2P対戦もそれぞれの操作するRCカーでレースに参加するだけなのですが、画面が上下2分割される見辛さで予想外の難度アップ!
「エディット〜」はシングル・モードと同じコースを競い合う「RACE」の他に、1対1で飛び道具を撃ち合う対戦専用サバイバルモードがありまして…遮蔽物のある広場状の専用コースが幾つか用意されていて、ランダムに出現する弾薬や回復アイコンを活用しつつ相手のダメージをMAXにする単純明快な潰し合いです。
これは初めてプレイしました、なので新鮮な感覚。笑

「爆走〜」もシングル・モードの内容を左右2分割でプレイするのですが、ついマジになって手加減せず勝ちに行っちゃう僕…お互いにゴールしてからのボトル攻撃で迎え撃ったり撃たれたり、甥っ子もバカゲー要素に大ハマりしてます。笑
「ラリー〜」は画面分割を縦横と左右から選択可能で「HEAD to HEAD」はシングル・モードと異なるレイアウトのコースで競走、そして「MAYHEM」は1対1で車をぶつけ合う円形アリーナの旗取り合戦…甥っ子に上位カテゴリーの車両を使わせてのハンデ戦でしたが、途中ランダムに出現するアイコンがアクセントになって展開が白熱しました。

やっぱり対戦専用モードがあるソフトは新鮮ですな、特に「エディット〜」のバズーカ&ミサイル撃ち合いはバカゲーらしくて大笑い…ただし下の甥っ子が発見した「相手に回復アイコンを取らせない」戦術が優秀すぎて、そこで雌雄を決するようになって一気に萎えちゃったけど。
もっとも、単に1Pで遊んでいたコースを2Pで競走するだけでも面白いんですよ…画面分割で視界が狭まるせいか、相手画面の動きに気を取られるからか1人の時より難しく感じます。
仕事後に甥っ子たちの家へ行ってはしばらく一緒に遊ぶのですが、甥っ子たちの面倒見てるというより僕が遊んでもらってる気も。笑
0
    | game | 2016.08.26 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top