おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ユニコーン「ケダモノの嵐」

同僚君にしては珍しいセレクトですな、元々「働く男」という収録曲が好きみたいでしたけど…個人的には、この時期のユニコーンて微妙だなって印象でして。
「踊る龜ヤプシ」とか「ヒゲとボインハヴァナイスデー」とか、ざっくり言って「服部」後ですな…あの頃やけに女子高生が寄ってきては「私ユニコーン好きなんですよ」とか言ってて、ホコ天時代のイメージしかなかった僕は(へー)としか思わなかったし当時も聴いていて特に何も感じなかったんですよ。
まぁ「BOOM」や「PANIC ATTACK」辺りより自由に楽しくやってる感じで、そういうノビノビした製作環境が与えられるって事はスゴく売れてるのかなぁ?程度。

後になってユニコーン好きの友人B君に改めて聴かされて、2代目キーボードの阿部が作る曲のユニークさに気付かされるのですが。
全体的に地味ですよね本作、曲調というかコード感やビートは無難なロックだし…歌詞に重きを置いていたのかな、ただ女子高生に響く言葉も僕には痛くも痒くもなかったのでしょう。
ソロ後にアメリカンなロックを強く打ち出す民生の方向性は既に感じられ、言葉遊びも「リンジュー・マーチ」に顕著です…しかし「エレジー」って実は残酷なんだね、渡辺真理奈まで出してヲタをディスるとは。
まぁ圧巻は「CSA」ですね、これも阿部だったか!

阿部の曲は概ね好きだな、逆にエビは先ず声が個人的に苦手だし曲も退屈…意外だったのは川西の曲が民生っぽいロックな事と、テッシーが「自転車泥棒」の詞と曲を書いてた事でした。
「自転車〜」のイントロなど、音響に関しては全体的に凝ってますよね…同僚君も、どうやらその辺が気に入っているようですけど。
それと後の代表曲「すばらしい日々」に繋がる、勤め人の哀愁路線も散見されますね…おそらくユニコーンの全アルバムでは最も面白い時期の作品かとは思うのです、彼らのアルバムでは本作辺りが絶品かとも。
とはいえ、僕はそんなに好きって程でもないのです。
「同僚オススメCD」シリーズその51


関連記事:
【最近聴いたCD】ユニコーン「服部」| 2016.10.22
【最近聴いたCD】ユニコーン「SPRINGMAN」| 2016.10.29
0
    | music | 2016.10.13 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top