(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みた夢 >>
最近みたDVD
「イノセンス」

封切り時に劇場でも観ましたが、PCに保存されていた動画ファイルを発見したので再視聴している内にスペイン語の音声&字幕では物足りなくなりまして…それこそ先日の「アンダー・ザ・チェリー・ムーン」と違ってレンタル店に置いてあるのは確実な訳だから、素直に借りてきましたよ。
本作は'04年の劇場公開作で、押井守監督による長編アニメーションです…攻殻機動隊のバトーとトグサが挑む「暴走ガイノイド連続殺人事件」の顛末であり、前作「ゴースト・イン・ザ・シェル」で描かれた「人形遣い事件」を最後に失踪した少佐こと草薙素子との再会の物語でもあります。

なんと本編開始前に、ご丁寧にも「INNOCENCE Before Viewing A Basic Guide」なる約15分の予習映像が用意されていまして…電脳や義体、公安9課こと攻殻機動隊に関する基礎知識と共に前作「G.I.T.S.」で登場したウィザード級ハッカー“人形遣い”のコードナンバーが本作にも関係していると説明されていました。
“2501…それいつか、再会する時の合言葉にしましょ”
確かに前作のラストで少佐は言ってましたね、そして彼女は己の存在をネットの海へと解放したのです…今回は全編字幕モードにて、どんな台詞も聞き逃さないつもりで再視聴しました。

人としての少佐を喪ったバトー、もはや見つめる事も触れる事も叶わぬ思い…ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」に歌詞を付けた、伊藤君子の歌う「Follow me」は切ないの一言です。
脳の一部を除いて完全義体化していても、バトーには少佐の唱える人類の革新など無意味なのです…貴女がここにいてほしい、物質的に存在して欲しいのです。
但し肉体は枷ともなり得ます、殊に意識を洗脳されて性愛ガイノイドに埋め込まれたとしたら…近未来のエトロフを舞台に、哲学の根幹的な課題が問われます。
難解とされる押井作品ですが、思わせ振りな訳ではない重層的な物語なのです。

“鏡は悟りの具にあらず迷いの具なり”
“即ち鏡は瞥見す可きものなり熟視す可きものにあらず”
重厚なCGアニメで表現される物質世界の、二重の意味で人工的な儚さ…視覚をハッキングされ、記憶に介入される社会において個人に残される自由の権利とは如何なるものでしょうか?
原作の主役である草薙少佐を前作で物理的に消去した以上、押井監督は本作を分けて作ったと思っていましたが…実は観落としていた前作との繋がりが台詞に散りばめられていました、そして少佐が電脳社会の神に近い存在として降臨する本作で完結させたのですね。

もはやネット上の全一となった少佐と、近くて遠いバトーとの…いや、バトー個人の物語でしかなかったのだと気付かされたラストで改めて胸を打たれました。
前半は性愛ガイノイドで急成長した企業に絡むヤクザの人身売買を告発する事件と、先代を殺された二代目の報復…後半はキム邸の電脳迷宮から公海上の人形プラント突入と真相の解明、最後はトグサの娘が抱えたビスクドールとバトーの抱いた飼い犬の対比で終幕。
挿入歌「River of crystals」の作詞が坂本美雨だった事と、プロダクションI.G制作なのにプロデューサーがジブリの鈴木敏夫だった事は意外でした。


関連記事:
【最近読んだ本】押井 守「TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR」| 2007.11.03
【最近聴いたCD】川井憲次「イノセンス O.S.T.」| 2007.12.20
【最近読んだマンガ】「攻殻機動隊」| 2008.07.24
【最近みた映画】「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」| 2008.08.05
【最近みたアニメ】「攻殻機動隊S.A.C. SOLD STATE SOCIETY ANOTHER DIMENSION」| 2013.02.13
【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
【最近みたDVD】「攻殻機動隊 新劇場版」| 2016.08.19
【最近みたDVD】「PATLABOR 2 THE MOVIE」| 2017.04.30
0
    | animation | 2016.11.27 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1007668




    ↑ top