ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みた夢 >>
最近みたDVD
「イノセンス」

封切り時に劇場でも観ましたが、PCに保存されていた動画ファイルを発見したので再視聴している内にスペイン語の音声&字幕では物足りなくなりまして…それこそ先日の「アンダー・ザ・チェリー・ムーン」と違ってレンタル店に置いてあるのは確実な訳だから、素直に借りてきましたよ。
本作は'04年の劇場公開作で、押井守監督による長編アニメーションです…攻殻機動隊のバトーとトグサが挑む「暴走ガイノイド連続殺人事件」の顛末であり、前作「ゴースト・イン・ザ・シェル」で描かれた「人形遣い事件」を最後に失踪した少佐こと草薙素子との再会の物語でもあります。

なんと本編開始前に、ご丁寧にも「INNOCENCE Before Viewing A Basic Guide」なる約15分の予習映像が用意されていまして…電脳や義体、公安9課こと攻殻機動隊に関する基礎知識と共に前作「G.I.T.S.」で登場したウィザード級ハッカー“人形遣い”のコードナンバーが本作にも関係していると説明されていました。
“2501…それいつか、再会する時の合言葉にしましょ”
確かに前作のラストで少佐は言ってましたね、そして彼女は己の存在をネットの海へと解放したのです…今回は全編字幕モードにて、どんな台詞も聞き逃さないつもりで再視聴しました。

人としての少佐を喪ったバトー、もはや見つめる事も触れる事も叶わぬ思い…ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」に歌詞を付けた、伊藤君子の歌う「Follow me」は切ないの一言です。
脳の一部を除いて完全義体化していても、バトーには少佐の唱える人類の革新など無意味なのです…貴女がここにいてほしい、物質的に存在して欲しいのです。
但し肉体は枷ともなり得ます、殊に意識を洗脳されて性愛ガイノイドに埋め込まれたとしたら…近未来のエトロフを舞台に、哲学の根幹的な課題が問われます。
難解とされる押井作品ですが、思わせ振りな訳ではない重層的な物語なのです。

“鏡は悟りの具にあらず迷いの具なり”
“即ち鏡は瞥見す可きものなり熟視す可きものにあらず”
重厚なCGアニメで表現される物質世界の、二重の意味で人工的な儚さ…視覚をハッキングされ、記憶に介入される社会において個人に残される自由の権利とは如何なるものでしょうか?
原作の主役である草薙少佐を前作で物理的に消去した以上、押井監督は本作を分けて作ったと思っていましたが…実は観落としていた前作との繋がりが台詞に散りばめられていました、そして少佐が電脳社会の神に近い存在として降臨する本作で完結させたのですね。

もはやネット上の全一となった少佐と、近くて遠いバトーとの…いや、バトー個人の物語でしかなかったのだと気付かされたラストで改めて胸を打たれました。
前半は性愛ガイノイドで急成長した企業に絡むヤクザの人身売買を告発する事件と、先代を殺された二代目の報復…後半はキム邸の電脳迷宮から公海上の人形プラント突入と真相の解明、最後はトグサの娘が抱えたビスクドールとバトーの抱いた飼い犬の対比で終幕。
挿入歌「River of crystals」の作詞が坂本美雨だった事と、プロダクションI.G制作なのにプロデューサーがジブリの鈴木敏夫だった事は意外でした。


関連記事:
【最近読んだ本】押井守「TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR」| 2007.11.03
【最近聴いたCD】川井憲次「イノセンス O.S.T.」| 2007.12.20
【最近読んだマンガ】「攻殻機動隊」| 2008.07.24
【最近みた映画】「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」| 2008.08.05
【最近みたアニメ】「攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY ANOTHER DIMENSION」| 2013.02.13
【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
【最近みたDVD】「攻殻機動隊 新劇場版」| 2016.08.19
【最近みたDVD】「PATLABOR 2 THE MOVIE」| 2017.04.30
【最近みたDVD】「ゴースト・イン・ザ・シェル」| 2018.04.15

〈人形・ドール〉関連記事:
【最近読んだマンガ】業田良家「ゴーダ哲学堂 空気人形」| 2008.06.28
【最近読んだ本】西宮正明「西宮正明写真集 EMIKO人形 菊池惠美子のものがたり」| 2010.03.30
【最近読んだマンガ】天原ふおん「ないしょのラッキードール」| 2010.07.07
【最近読んだ本】劉霞「沈黙の力」| 2013.09.06
【最近みた映画】「玩具総動員(トイ・ストーリー)3」| 2019.01.22
0
    | animation | 2016.11.27 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top