ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「レッドプラネット」

'00年、まさか新世紀の到来と共にヴァル・キルマーが主演にまで返り咲くとはね…本作は火星移住計画という、近くて遠い惑星の古くて新しいテーマを描くSF映画なのであります。
時は2050年、テラフォーミング(惑星改造)の一端として生成されていた酸素レベルが低下し始めた…原因究明のため初の有人火星探査に旅立った6名の精鋭クルー、それは“新たな人類の第一歩だが――問題を解決せねば最後の一歩だ”。
もはや人類は待ったなし、地球は限界に達したのです…是が非でも火星を居住可能にしなければ、でも人類の大半は汚染した地球と一緒に見捨てるんでしょ?笑

最初のアクシデントは太陽フレアによるシステム停止、キャリー=アン・モス船長が母船に残って男どもは着陸艇で地表へ…無論、予期せぬ事態は次々と発生。
無人衛星から着生した筈の改良種の藻は消失、酸素と食糧を備蓄した基地も壊滅状態…しかし何故か呼吸可能な大気があり、母船も窮地を脱したのですけれど。
地上班には水もなく、探査ロボが軍事モードで襲来!
更に矢継ぎ早な危機また危機で最後まで目が離せません、そして最後まで去来する(何故ヴァル?)という疑問…なんて危機感ないルックスなんでしょう、あと各所の微妙すぎる笑いどころもどうかと思いましたね。

しかし火星って王道ですなぁ、CG合成の背景ベースとなったオーストラリア南部(クーバー・ペディ)とヨルダン・ハシミテ王国の壮大な景観にリアリティを感じました…個人的には1世紀経っても火星は行けない気がするんですけど、それでも行ったような錯覚に捕らわれてしまうのですよ。
スティングとピーター・ガブリエルの楽曲は若干「攻殻機動隊」っぽかったけど劇中曲としては違和感ありませんでした、でもストーンズの「19回目の神経衰弱」って歌をヴァルが口ずさむ必要はなかったんじゃない?別にいいけどさ。笑


〈火星ネタ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】天野こずえ「AQUA」1〜2巻| 2009.08.11
【最近読んだマンガ】星野之宣「残像」| 2011.05.05
【最近みたマンガ】寺沢武一「SPACE ADVENTURE COBRA THE PSYCHOGUN VOL.1」| 2012.09.01
【最近読んだ本】フィリップ・K・ディック「トータル・リコール――ディック短篇傑作選」| 2013.04.30
【最近みたDVD】「トータル・リコール」| 2013.08.22
【最近みたDVD】「トータル・リコール」| 2013.09.27
0
    | cinema | 2016.12.08 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top