おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
STEPHEN SMALL「SLOW DRAG」

ジャケットの無機的な建造物とタイポグラフィのレイアウトに惹かれて手にした1枚、スティーヴン・スモールは“ニュージーランド出身の作曲家兼アレンジャー”だそうで…'15年にリリースされた本作は、どうやら彼の初リーダーズ・アルバムかと思われます。
基本的にはピアニストですが他のパートは打ち込みで、作曲から録音作業までを1人で済ませたらしきセルフ・プロデュース作…ただし客演とマスタリングに携わった数名を除くスタッフは日本人ばかりなのね、つまりこれって'14年に参加したという喜多郎のワールドツアーから派生した企画盤だったりするのかしら。

1曲目こそ生っぽいピアノでジャズを感じさせましたが、全体としてはアンビエント系テクノを思わせるトラックにエレピやオルガンの古臭い音色を乗っけた感じですね…それはジャケを見た時に思い出した「SMALL HALL CLASSIC」というエレクトロ・ジャズのアルバムに近い印象で、ビート感が希薄である以外はメインが鍵盤かサックスかといった差でしかないような。
あと連想したのは「EASY」という黄色いジャケのアルバム、誰かだったは失念しましたけど系統としては一緒ですね…という訳で新味はないにしても、70年代ライクな電化ジャズの風味が若干やかましいかな。笑

7曲目の「Hot buttered」は、テクノ黎明期の名曲をカバーしたのか…と思いきや同名異曲でした、無論「Departure」もカシオペアのカバーではありませんし「Shake hips」も米米クラブの歌とは無関係です。笑
STEPHEN SMALL-SLOW DRAG(←左クリックで拡大表示されます)


〈アンビエント/インテリア・ミュージック〉関連記事:
【最近聴いたCD】ヴィクセル・ガーランド「イージー」| 2008.03.11
【最近聴いたCD】スフィアン・スティーヴンス「ミシガン」| 2009.02.16
【最近聴いたCD】ザ・エレクトリック・ソフト・パレード「ノー・ニード・トゥ・ビー・ダウン・ハーテッド」| 2009.05.03
【最近聴いたCD】栗コーダーカルテット「笛社会」| 2009.05.24
【最近聴いたCD】モグワイ「ミスター・ビースト」| 2011.09.15
【最近聴いたCD】ペンギン・カフェ・オーケストラ「同」| 2014.03.03
【最近聴いたCD】ブラックトップ・プロジェクト「同」| 2014.05.15

〈スタッフは日本人ばかり〉関連記事:
【最近聴いたCD】TONY SUGGS「BLACK POTATOES」| 2017.03.22
0
    | music | 2016.11.10 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top