ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「デス・トゥ・スムーチー」

'02年のロビン・ウィリアムズとエドワード・ノートンの共演作品で、原題も同じく「DEATH TO SMOOCHY」…あらすじだけでは観る気も起きない、ビデオスルーとなってしまったのも納得のサスペンス・コメディ。
だけどロビン晩年の主演作「ビッグショット・ダディ」に惹かれるものがあった僕は、彼の晩年の出演作に関心があったのですよ。
ロビンの役柄は子供番組の人気者レインボー、エドワードは彼の後釜でスムーチーというサイの着ぐるみ…スキャンダルでクビになったレインボーの復讐劇と、名も無き理想主義者に過ぎなかったスムーチーの成功物語が同時進行します。

理想主義者で純粋なスムーチーは局側の金儲け主義に反発し、ダニー・デビート演じる自称タレント代理人バークの仲介によって出演番組の製作権限を得たものの…マフィアには絡まれるわ裏世界の顔役からは脅されるわ、一方的に彼を逆恨みするレインボーにはハメられるわと散々な目に。
ロビンは「ミセス・ダウト」でも子供番組の仕事をクビになる男を演じていましたし、その後の落ちぶれた姿はテリー・ギリアム監督の「フィッシャー・キング」で演じたホームレスを連想しましたよ…まさか本作のキャスティングでも、その辺を意識してたのかな?
ま、そんな訳ないわな。笑

子供番組のディレクターを演じるキャスリーン・キーナーが、若くはないけど実にチャーミングでした…切れ者っぽく出てきた彼女の内面が暴露されてゆくにつれ、案外バカだけど可愛く見えてきちゃう感じがね。
それと小人俳優たちの見せ場が多かったのも、個人的には非常に好かったなぁ。
ただ、クライマックスのアイスショーは冗長に感じました…もしや脅迫されてたのは、スムーチーじゃなくダニー監督?なーんて深読みをしたくなります。笑
でもエンドロールで流れるロビン&エドワード&キャスリーンのスケート映像は、微妙に古めかしいロマンチック感が素的でしたよ。


再視聴(ダニー・デビート監督とアナスタス・ミコス撮影監督による音声解説)
0
    | cinema | 2016.12.16 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top