ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「デス・トゥ・スムーチー」

今回は監督のダニー・デビートと撮影監督のアナスタス・ミコスによる音声解説にて再視聴です、でも基本的にダニーが喋りっ放しですね…時折アナスタスが専門的な合いの手を入れるんですが、まさに阿吽の呼吸というやつですな。笑
いや〜、これぞオーディオ・コメンタリー!っていう感じだわ…場面毎の照明や色彩のポイント、役者の撮影裏話などツボを押さえた解説で現場スタッフ気分といいますか本作が二度美味しく楽しめるのですよ。
スムーチーの私服は常にヘンプ素材で、彼が持ち歩いている黒い調味ソースはエドワード・ノートンが役作りの一環で自作したとか。

マッチ・ディゾルブという映像を重ねる手法が多用されているのも、ユーモラスな効果に一役買ってます。
レインボーのスキャンダルに人々が喝采を送る場面は、よく見ていれば分かるのですがFBIが彼を逮捕した店なんですね…つまり「レインボーを嫌う仕事仲間が逮捕を喜んでいる」という訳ではなく、実は「馴染みの店が大事件の舞台になってTVに映ったので常連客が盛り上がっている」という場面だったのでした。
とはいえ僕が思い違いした「傲慢なレインボーの金銭授受を身内がFBIに密告した」という解釈でも、以降のストーリーに混乱を来す事はないんですけども。

特典映像の「未公開シーン集」も必見ですね、シークエンス毎に何故ボツにしたかが文章で予め説明されているので…本来どの辺りに入る筈で、最終的にカットを決めた監督の意図が分かると全体の印象も結構ちがってくるものなんですよ。
結局アイス・ショーの意味も必然性も分かりませんでしたが、アメリカでは子供番組とセットなのかもね?
ところで葬式シーンでスムーチーと最初にハグする男性って、もしかして「プルート・ナッシュ」の下っ端悪党ケルプ役ヴィクター・ヴァーナード(VICTOR VARNADO)じゃありませんか?
0
    | cinema | 2016.12.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top