ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「バンガー・シスターズ」

原題もそのまま「THE BANGER SISTERS」、この“bang”を日本語のニュアンスに直すと「パンパン」あるいは「パコパコ」ですかね?
この○リマン娘というのは、バンドやスターの追っかけを指すグルーピーの中でも特別なタイプと言えるでしょう…そのようにしてヒッピー&サイケ・ムーブメントを過ごした少女たちも'02年には一端のオトナな女性へと成長してる訳です、例えばリッチな弁護士の妻になってたりする訳で。
スーザン・サランドンが演じるのは、まさしく過去を封印したリッチなマダム。
対するゴールディ・ホーンは、未だ栄華にしがみつく淫らなアラフィフです。笑

すっかり落ち目のゴールディ、思い出に浸って昔の相棒と再会します…だけど別人と化していたスーザンは彼女の来訪に困惑し、平穏だった家庭にもさざ波が。
それだけじゃ女性版バディ・ムービーみたいですが、スーザンのお年頃な娘2人が母の秘密に反応し…更にゴールディが道行きで知り合った、脚本家崩れのジェフリー・ラッシュとの関係も微妙に変化し始めます。
世間じゃいわゆる勝ち組のスーザンですが、ゴールディの登場で自分の過去を偽る生き方に亀裂が生じ…未だに父親を恨む五十路のジェフリーも、ゴールディのテクで挫折を乗り越え自信を取り戻しちゃったり。笑

借金まみれで失業中という哀れで痛々しかったゴールディが、何故かブレブレの人達の中で輝いて見えます…わがままボディは設定上でもアラフィフだっちゅーのに、その典型的ハリウッド・スマイルと相まって非常にゴージャスですな!笑
しかし現代社会をコントロールしている世代こそ、ハードでサイケなロックンロールに直撃された人々なんだよね…確かにロックは世界を変えましたが、それでも未だ望んでいた程には世界も変わっちゃいなくて。
自己の、抑圧からの解放…その命題も半世紀を経て尚、解には至らぬままです。
そんな寓意性は興味深いけど、掘り下げない潔さ!笑

それぞれの苦悩なり葛藤なりを軽く流しちゃったせいで当たり損ねた気がする本作、そんな場面は退屈だし尺の都合もあったろうけど…台詞が良いし構成も上手いのに、結果的には今ひとつな出来なのが残念です。
バンガー・シスターズの名付け親はフランク・ザッパとか、ゴールディのタトゥーがジム・モリソンの詩に由来するだとか微妙な小ネタも個人的にツボでした。
以前ジョージ・ウィンストンがフェイマスに挙げてたドアーズの「The crystal ship」が当時の映像で効果的に使われるのは最高でしたが、トーキング・ヘッズがディスコで流れるのは時代的に違和感ありまくり。

バックチェリーがバンドマンで出演する他、ジャクソン・ブラウンの「Doctor my eyes」をベン・フォールズがカバーしたりトミー・リージョン・レノンデヴィッド・ボウイが共作した「Fame」をカバーしたりする選曲もポイントかな。
頻繁にドアーズがネタにされてましたが、やはりジミヘンじゃないのは何だかんだ言って人種的偏見が拭えない時代を反映してたり?…あるいはステージのトリッキーなイメージと裏腹にプライベートはストイックだったと言われるジミじゃネタにならなかったのか、ともあれ謝辞にドアーズ全員をクレジットする気の遣いように苦労が伺えますな。笑

しかし実名を出されてたロジャー・ウォーターズとジミー・ペイジのポラ、まさか本人のじゃないよね?…っていうか思いっきりチ○コ写っちゃってるのに、よく修正されなかったな!?
間違いなく万人受けする傑作ではないにせよ、あの時代を謳歌した還暦越えの人たちが本作で魂を熱くするなら充分に意義のある作品だと思います…というか年金受給者よ、もう一度ロックな心意気を取り戻せ!笑
0
    | cinema | 2016.12.28 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top