ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
吉井和哉「After The Apples」

全6曲の26分、という事は所謂ミニ・アルバムですかね…元ザ・イエロー・モンキーのボーカルが'11年にリリースした1枚で、同僚君オススメの「母いすゞ」が3曲目に入ってたので借りてきたのであります。
話題に上がったのがかなり前なので彼の具体的なコメントは覚えてませんが、僕は(イエモンの人って可笑しな歌詞を書くんだなぁ)的な意外さを感じたんですよ…まぁイエモンも吉井も「絵に描いたようなロックやる人たち」というアバウトな印象しかないのでね、ちゃんと聴いた事ないし。
で、件(くだん)の曲は「母の言い違いというか記憶の混同」を歌った歌でした。

全体的にはブリブリ硬めのベースが効いたロックを電子音やら打ち込みやらで80年代エレポップ風味に仕上げた感じ、どことなく亀田誠治が関わってそうな印象です…アナログ感を残しつつも音の処理は'02年らしい音圧で、海外のトレンドを押さえた手堅い作りだなとか思ってしまいます。
その中で件の「母〜」が異彩を放っているのです、響きを意識した歌詞だけでなくマカロニ・ウェスタンの劇伴を思わせるリフの反復も…同僚君は「この歌はPVで知った」と言ってましたが、むしろ他の5曲の方がシングルカット向きな気がする位なんですけども。
特に1曲目とかね。

レコード会社と契約を交わしていると「何年間で何枚のアルバムを製作する」とか決められるらしいんですが、そうすると心の奥底から湧き出したり天の閃きを授かったりするのを待ってばかりもいられないんだろうな…流石にプロなので卒のない出来ではありますが、その手堅さが僕には却って退屈に感じられました。
リスナーというのは勝手なものです、そして恐らく確実なセールスを期待するレコード会社の意向というのも勝手なものなんでしょうな…ま、勝手と勝手の板挟みってのは芸能の宿命か。
ともあれ彼の発声や言葉のセンスは好きなので、またいつか聴いてみたいです。

補足:聴いた印象だけで適当書いちゃいましたが、亀田は関わってないみたいです。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『吉井和哉 - 母いすゞ』
0
    | music | 2016.11.16 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top