ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
ポール・アンダースン(著)、岡部宏之(訳)「百万年の船 (2)」

初版'93年のハヤカワ文庫SFで全3巻の大部らしいけど、古本屋だからかこの2巻目しか置いてなくて。
なのに買っちゃったんですね、ちょっと考えられないんですけど…続き物の小説には基本的に手を出さないんですよ僕、1巻毎に読み切りの連作ならまだしも。
だって裏表紙の作品解説に“3000年以上の歴史を生きる不老不死の人々”とか書いてあるんですよ、やっぱ気になるじゃないですか!?…って、そこに食い付いてしまう理由は自分でも気持ち悪いくらい謎ですが。
いつの間にか猛烈に気になっていたんですね不老不死者の話が、本書との出会いでそれを自覚したのです。

本書に収められているのは第八部から第十七部までの10編、先ずは平安時代の女官の話です…よく調べてるよなぁと感心しながら読んでいると、次は蒙古襲来で灰塵と帰したキエフ近郊の小さな町に話が飛んで。
その次は清代末のチベットに近い中国奥地と、話毎に時代も場所も大きく隔たっているのでイメージの切り替えに苦労させられました…ある程度まで読み進めていく間に脳内ビジュアルの微調整が繰り返され、ようやく馴染んだ頃にまた新たな歴史の霧の中へという繰り返しはしかし奇妙な中毒性すら感じるようにも。笑
若干、不親切な「ロバートは歴史の天使」って感じ?笑

村人に敬われていた不老不死者の許を訪れた女が、かつて平安京の女官であった事を語る時…僕は何とも言えない安堵を覚えました、このまま著者は孤独な不老不死者を点描のように切り取っていくだけなのか?といった心細さを知らず知らずに抱いていたんですね。
中世フランスのキリスト教会、白人入植者が到来したアメリカ大陸そして南北戦争前のラナウェイ・トレイン…ここまで1221年-1239年-1570年-1640年-1710年-1855年と、物語は徐々に現代へと近付いてきました。
遂に第十四部では1872〜1878年のフロンティア消滅期に、第十一部と第十二部の不老不死者が邂逅します。

続く第十五部(1931年)では第十三部の黒人女性が第十一部で話された女性と出会い、第十六部(1934年)でも第十一部の不老不死者が新たな仲間と会談します…第十七部(1942年)の、鋼鉄の人の名を冠したスターリングラード市街戦には第二部の不老不死者が現れます。
彼らには病気をせず怪我の回復も早いという肉体的特異性を持ち、一定の年齢で老化が止まります…しかし失った腕は生えてこないし失血や臓器損壊で死亡する可能性はあるんですね、だから完全な不死ではない。
けれど疫病や飢饉など普通人にとっての災厄に乗じて履歴を変え、所在を変えて存在を隠しているのです。

こういった身体的な特徴や、不老不死者である事がバレないよう名前も住所も変えながら生きるといった設定って漫画でも小説でも驚くほど共有されてますよね…彼らほど強固な統一性を備えた架空の存在は寡聞ながら他に知りません、火星人であれ吸血鬼であれ。
ともあれSFでありながら歴史改変物ではなく特殊な能力を持たせるでもなく、ひたすら不老不死者の生き様を中心に描いている風変わりな作品です…おそらく話が地味すぎて一般受けはしないでしょうな、でも僕にとっては何故か心が震えるほど面白かったのです。
こうなったら、3巻も見付けて読んじゃうか!


(再読)【2019.07.18】

〈ポール・アンダースン〉関連記事:
【最近読んだ本】「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】「百万年の船 (1)」| 2017.02.18
【最近読んだ本】「百万年の船 (3)」| 2017.03.19
【最近読んだ本】「大魔王作戦」| 2017.06.21
【最近読んだ本】「百万年の船 (1)」(再読)| 2019.06.05
【最近読んだ本】「百万年の船 (3)」(再読)| 2020.04.24

〈長命/不老/不死〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】里中満智子「マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス」| 2009.05.18
【最近読んだマンガ】荒川 弘「鋼の錬金術師」17巻| 2010.01.16
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」10巻| 2011.06.27
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
【最近読んだマンガ】沙村広明「無限の住人」30巻| 2013.11.28
【最近読んだマンガ】田辺イエロウ「終末のラフター」| 2014.07.26
【最近読んだ本】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
【最近みたDVD】「THE NATURAL」| 2014.10.31
【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2016.05.11
【最近読んだマンガ】赤松健「UQ HOLDER!」1巻| 2016.10.30
【最近読んだマンガ】茶鳥木明代「デュラララ!!」3巻| 2016.11.23
【最近みたDVD】「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」| 2017.03.01
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2017.11.14
【最近みたDVD】「アデライン、百年目の恋」| 2018.07.01
0
    | books | 2016.12.31 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top