ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近の初体験 >>
最近聴いたCD
DEREK & THE DOMINOS「LAYLA and other assorted love songs」

邦題「いとしのレイラ」として知られる、'70年のアルバムです…エリック・クラプトンって大昔にヤードバーズのベスト盤を聴いた位なので、改めて聴いてみようと借りてきました。
しかしデレク&ザ・ドミノスなのに、デレク某というメンバーはいなかったんですね…というかクラプトンが結成したバンドだった事すらも僕は知りませんでした、まぁデレク・トラックスの名付けの由来だそうですが。
てっきり既存のバンドにクラプトンがゲスト参加したアルバムだと今まで勘違いしてましたけど、むしろ客演していたのはオールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマンなのね。

クリームの後にブラインド・フェイス結成と解散を経たクラプトンは、一種の閉塞状態に陥っていたようで…しかしアメリカ南部のバンドマンとセッションする中で得た解放感が、本作へと発展していった云々と。
以降のクラプトンが好んでするようになるというブルースのスタンダード数曲と、ジミヘンのカバーも収録…ビートルズもそうですが、黒人文化への差別意識がないイギリスからホワイト・ブルースやブルーアイド・ソウルとしてアメリカ白人層に受け入れられていった歴史を思い出します。
しかしやはり僕には、クラプトンが凄いという感じは全然しませんでしたね。

先にSRVのブルースを聴いてしまっているせいでしょうか、本作は全体的に「ブルースの真似事」っぽい印象でした…というかクラプトンを中心に聴いてしまうせいか彼だけ空回りしてる印象で、例えばジミヘンの魔力に及ばない「Little wing」も気の抜けたブルースごっこしてる感じ。
それとタイトル曲だけが思いっきりアルバムから浮いてますよね、こう言うのは勇気が要りますが「Layla」抜きでも名盤と認識されたかは怪しい気がします。
それ抜きだったら話題性もなく即廃盤だったかもね、クラプトンも抜いたら逆に手加減なしでサザン・ロックの名盤となったかも?笑


関連記事:
【最近聴いたCD】オールマン・ブラザーズ・バンド「ブラザーズ&シスターズ」| 2012.06.20
【最近聴いたCD】MARLENA SHAW「WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?」| 2017.10.21
0
    | music | 2016.12.04 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top