ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたDVD | main | 最近みたDVD >>
最近みたDVD
「千年女優 CHIYOKO MILLENNIAL ACTRESS」

コアなファンが故・今敏監督の代表作として挙げる本作ですが、どうも興味が湧かなくてスルーしてました…でも近頃、僕の脳内アンテナが反応している「不老不死者」が騒ぎまして。
いや不老不死者の話じゃない気はしたんですけど、今までスルーしながらも気にはなっていたので好い機会だから観てみようかと。笑
'02年に公開された本作は、第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を「千と千尋の神隠し」と同時受賞したそうで…銀幕女優の生涯に日本映画史を重ねたような脚本は村井さだゆきと監督との共作。
メタ映画的な要素は、若干「パプリカ」ぽいですな?

トンネルの向こうは往年の大女優、藤原千代子の邸宅…創立70周年を迎える銀映撮影所が施設の老朽化による取り壊しを始めた頃、その裏山で誰とも会わずに暮らしている彼女に取材を申し込んだ男がいました。
彼が千代子への贈り物として持参したのは、彼女にとって“一番大切な物を開ける鍵”…「関東大震災の年に生まれた」と語り出すや、そのままインタビュアーの男と若手カメラマンの2人も回想の大正時代へ?!
満州国策映画のスカウトと、憲兵に追われる青年との出会い…あの鍵は初恋の人の落とし物だったのね、そして青年との再会を願う千代子は満州へと渡ります。

微かな手掛かりを頼りに満鉄で北満へと向かう千代子、しかし列車事故&馬賊襲来って柳条湖事件?…ところが扉の先は戦国時代、焼け落ちんとする天守閣であやかしに謀られた千代子姫は“未来永劫恋の炎に身を焼く定め”となりまして。
やっぱり不老不死者なのか!と思えばさにあらず。笑
カメラマンだけは相変わらずの関西弁ツッコミですが、千代子ファンのインタビュアー男は遂に劇中人物化…とまた現在に戻り、時空を行き来しながら千代子の主演作品が一つの絵巻に。
幕末から明治大正を過ぎて戦時空襲の焼け野原、更に戦後の私生活を経てもなお彼女を駆り立てる恋の炎。

実は僕、ずっと本作が林海象の初監督作「夢みるように眠りたい」を汚すような内容じゃないかと恐れていたんです…そんな気持ちも忘れてしまっていましたよ、あの映画は僕にとって“大切な物”だったのにね。
低予算で、映画への愛情だけで出来てるような「夢みる〜」が…もしも文化庁の後押しで作られた本作によって、あの映画の好さを少しでもパクられたら許せないっていう思いがあって。
でもインタビュアー男の秘密と“鍵の君”の真実が明かされた時、僕もまた“想い出を開けて”もらったのです…本作が今敏監督の代表作とは思いませんが、それでも心が洗われました。

〈今敏〉関連記事:
【最近読んだマンガ】大友克洋「AKIRA」6巻| 2013.02.25
【最近みたDVD】「東京ゴッドファーザーズ」| 2013.12.05
【最近読んだマンガ】「老人Z」| 2014.04.12
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
0
    | animation | 2017.01.02 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top