ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
たかぎ七彦「アンゴルモア 元寇合戦記」1巻

正直に言いますが、あんまり期待してませんでした。
こういう手合いの歴史漫画が軒並み売れてるからって、編集者も安易に便乗させんなよ…パッと見、絵も上手い訳じゃないしコマ割りも読み辛そうな感じだし?
でもなぁ、元寇とは面白い所を突いてくるじゃん…こないだの「東アジア三国史」でも気になったんだよね、平家の日宋貿易から室町時代辺りまでの流れって。
だけど題名「アンゴルモア」だよ、モンゴルだからって安直だろ…ひょっとして史実をSF展開の前フリにするだけかもよ?とまぁ、かなり地雷覚悟で借りてみた本作でしたが意外にも。
大当たり〜!でした。笑

近頃は描画ソフトの見やすい絵とか、キャラデザ別のメディア・プロジェクト形式に馴らされちゃってますけども…やっぱり作者自身が話全体を考えて、アシスタントを使っても手で描いてる漫画って好いんだわ。
っていうか今流行りの歴史漫画って、そういった昔ながらのスタイルで原稿を仕上げてそうな作家が多いかも…クセのある劇画タッチで、どっちかといえば熱気で押し切るような作風の。
もしかしたら歴史漫画のブームって、そんな古いタイプの漫画家への救済措置だったりしてね…実際、漫画って画力だけが全てじゃないしストーリーと構成力の比重だって大きいと思う。

ともあれ本作、時は後期鎌倉時代…つまり源氏から既に北条家へと執政が移り、蒙古からの使者に梨の礫で3年が経った1274年の対馬沖から話は始まります。
時化に揉まれる囚人船内で暴動が発生、鎮圧したのは主人公の朽井迅三郎…元は幕府の御家人として海賊討伐の軍勢を率いていた男で、彼が捕らえた伊予の海賊・鬼剛丸も宋国の商人・張明福らと共に対馬上陸。
対馬の姫君・輝日が蒙古の斥候に誘拐されかけた時、朽井は敵側に同じ剣術の遣い手を発見…武芸兵法のなかった百年前に源義経が編み出した実戦的な兵法「義経(ギケイ)流」、もしや蒙古と落人伝説が絡むのか?

“異国の軍勢というものを想像できる者が誰もおらぬ”と語るのは僧侶姿で実状視察に来ていた鎮西奉行の少弐景資、九州軍を率いる大将軍として朽井に三千の援軍を送ると誓いますが…到着までの7日を持ち堪えるには絶望的な島の兵力、当主・宗助国の古臭い戦術からしてもうヤバい訳で。
しかも宗一門は壇ノ浦で幼帝が入水する直前に筑前から対馬へ手引きした平家の末裔で、輝日こそが天皇家の直系だったとは…だから蒙古は輝日を皇女と呼んだのか、つまり義経流の遣い手は内政事情も心得ている訳ですから手強すぎます。
だって輝日を取られたら、鎌倉幕府も終了ですぜ!?

その一方で、東欧のドイツ・ポーランド連合軍を殲滅したモンゴル軍が序盤に描写されます…時系列では本筋より30年ほど早い1241年、今後も対馬編と並行して描かれるのでしょうか?
“全知のキリストも/全能のテングリも/ブッダもアラーも皆すべて/モンゴル帝国(ウルス)と共にあり”
このウルスというのが、奇遇ながら今ちょうど読みかけている小説「新しい太陽の書」シリーズの“ウールス”とも関連ありそうなのが興味深いな…後に中原を制して国号を元と改めるモンゴル帝国、ユーラシア各地での戦況も対馬戦の合間に描かれるのではないかと思うと非常に楽しみです。


次巻

関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】鈴木康夫「鎌倉古道」| 2016.03.21

〈モンゴル・周辺〉関連記事:
【最近聴いたCD】ウヨンタナ「天の壁」| 2009.04.06
【最近読んだ本】ラハムスレン・ガンゾリグ「モンゴル アジアの心臓」| 2011.02.22
【最近読んだ本】椎名誠「世界どこでもずんがずんが旅」| 2012.04.06
【最近やったゲーム】「射雕英雄傳」| 2012.09.04
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
【最近読んだ本】米原万里、山本皓一「マイナス50℃の世界」| 2013.04.27
【最近みたDVD】「蒼き狼チンギスハーン」| 2013.11.30
【最近読んだ本】江成常夫「まぼろし国・満州」| 2014.06.19
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集」| 2014.10.16
【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24
【最近読んだ本】「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近行ったところ】東京国立博物館(「海の道 ジャランジャラン」展)| 2018.09.22
【最近読んだ本】清水哲朗「NewType」| 2020.01.09


以下は個人的メモ画像。
アンゴルモア11(←左クリックで拡大表示されます)

アンゴルモア12(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | comic | 2016.12.26 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top